FC2ブログ
鹿児島県鹿児島市で活動している「混声合唱団こけけ」の活動日誌です。 毎週、練習の様子などを団員がもちまわりで書いていきます。
練習日誌 | 演奏本番 | 番外編 | うたのわプロジェクト2010 | うたのわプロジェクト2012 | うたのわプロジェクト2015 | 
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
混声合唱団こけけ活動日誌
≪2018.10  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  2018.12≫
プロフィール

混声合唱団こけけ

Author:混声合唱団こけけ
毎週の練習や本番の様子、うたのわプロジェクトの活動の様子などを団員がもちまわりでまとめています。

混声合唱団こけけのホームページはこちらからどうぞ。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
「 2018年11月 」 の記事一覧
2018.11.26 Mon
11/25(日) 1日練習
11月25日(日)9:00〜12:00 青少年会館 工芸室
13:00〜21:00 真砂福祉館 洋室

参加者
S あやか、あゆみ(H)、あゆみ(U)
A みさき
T ばばっち
B ありむら

12月23日(日)のアンサンブルコンテストおよび1月20日(日)のサンエールフェスタに向けて、1日練習を開催しました。

こけけも結成して11年目を迎えていますが、結成時は大学生がメインだったメンバーも、入れ替わり立ち替わりがあり、今は社会人が多くなってなかなか集まりにくくなっております。

ということで、1日練習をして各々が集まれる時間帯を縫って練習を行いました。

午前中は、あやか、ばばっち、ありむらでスタート。

まずは、サンエールフェスタに向けて現在練習している「A列車で行こう」の歌詞の意味および発音についてお勉強の時間となりました。

今までは音取りが中心だったので、歌詞を当てはめての練習はしていなかったのですが、いよいよ歌詞で歌えるように練習です。

我らがエクソンさんが、歌詞の意訳と発音の注意点などを丁寧にまとめて活動日誌に併せてUPしてくれていたので、大いに活用させていただきました。(エクソンに感謝‼︎)

詳しくは活動日誌の過去ページを参照ください。

一通り発音・リズムに合わせて歌い方の確認等を行ったら、意外にそこまで難しくない(⁉︎)ことがわかりました。

後は反復練習あるのみ!

ジャズ特有のリズムに慣れて、歌い方に慣れていけば歌えるようになるはず!

今後はインテンポ目指して速度を上げて練習していきますので、自主練必至の方はエクソンさんの練習日誌を参考に歌い慣れておいてくださいませ。

あゆみ(H)が合流してからは、「線路は続くよどこまでも」の合わせ練習をしました。

揃えることを意識しすぎるとモタつくし、前に推し進めることを意識するとバラバラになってしまうと、程よくバランスを保って歌うことが難しいこの曲。

午前中の練習だったこともあってか、息の流れが悪かったので、リップロールを駆使しながらフレーズを確認する練習をしました。

ある程度は流れるようになったかな?

残りはまた午後に練習することにして、午前中はこれで終わりました。


あやかはここで離脱。

場所を真砂福祉館へ移しての午後練習。


まずは、あやかと同じくあゆみ(H)と「A列車で行こう」の歌詞確認をしていると、みさきがやって来たので、一緒に確認。

こちらの2人も一通り確認が終わった頃、あゆみ(U)が合流。

自分である程度は歌詞確認してきてくれた(ありがたいことです)というあゆみ(U)お姉さんも交えて、3rdを除く4パートで合わせ練習を開始。

何となく全体像が見えてきた!

ジャズ特有のオシャレなハーモニーが随所に出てくるので、今後はそれらを細かく練習していきましょう。


ここでちょっとブレイクタイム。

女声のためにと、ありむらからチョコとお茶の差し入れをいただきましたので、それをあてに暫し休憩。


残りの時間はアンサンブルコンテストに向けて、「線路は続くよどこまでも」を練習しました。

午前中から参加している、ばばっちとありむらはもうヘロヘロな状態になっていました(over thirtyには1日練習はキツイことがわかりました)が、残り少ない練習日程ですので、頑張りました!

この曲は3回転調を繰り返して元の調に戻る構成になっていますが、その転調付近を中心に練習を行いました。

キレイなハーモニーを奏でるためには、それぞれのパートの音量(バランス)が重要になってきます。

そこを注意しながら、転調前はハーモニーのどこの部分を構成していたのが、転調後はどこに変わるかとか確認しながら、曲の流れの中でちゃんと転調できるように練習を重ねました。

バランスを考えながら歌うのってやっぱり大事やなと改めて感じましたね。

そのためにも、しっかりと自分のパートを歌えるようになって、周りを聞きながら歌うという基本中の基本を、しっかりやっていかなきゃなと思いました。


さてさて、1日練習の終盤は若干名の体力の限界もあって、1月のサンエールフェスタに向けた軽い選曲会議を開催しました。

持ち時間が20分という情報を得ていますので、今練習している2曲を含めて、5〜6曲は必要かなということになりまして。

テーマを何にするか悩みましたが、こけけの「お客さんに近いうた」という精神から、みなさんに耳馴染みのある曲を選ぼうと。

とりあえず何曲か候補が挙がったので、正式に決まってから、音取りなどちゃんと練習していきましょう。

それでは、長々となりましたが、以上、活動報告でした。

ばばっち
スポンサーサイト



練習日誌    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

2018.11.24 Sat
11月23日 活動日誌

11/16(金)19:00-21:30 青少年会館グループ活動室
メンバー
るみさん あやかちゃん みさき
馬場さん 有村さん

「A列車で行こう」
音取り
Dまでラ唱で合わせ


「線路は続くよどこまでも」
合わせ練

前回のおさらい
TSK→強すぎる 出過ぎないように
HNM→弱すぎる しっかり発音する
A→広がりすぎる 平たくならないように
ここを踏まえた上で繰り返し合わせ

主旋律(ソプラノ)と動きが同じところはソプラノを立てる、自分達が動くところはしっかり出す意識
→少しまとまりができた歌い方

24までの「zunzun」がある部分と比べ、25〜41がゆっくりになりすぎるので注意!


アンコンまであとひと月です!
皆さん頑張りましょう!

練習日誌    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

2018.11.23 Fri
11/16練習日誌
11/16(金)19:00-21:30 青少年会館工芸室
メンバー
あゆみ(H)あゆみ(U)みわ るみ みさき
えくそん 馬場さん 有村さん

”A列車で行こう”音取り、確認のみ
”線路は続くよどこまでも”合わせ
・パートごとにテンポ感が合わない
→ラララで歌ってみる
・さらに縦を揃える
→パパパで歌ってみる...揃ってきました!
・母音と子音が離れてしまっている→発音注意
TSK→強すぎる 出過ぎないように
HNM→弱すぎる しっかり発音する
A→広がりすぎる 平たくならないように
※歌詞を朗読しよう!宿題!
・Grandiosoなめらかに?
→付点が無くなってるので、意識しなくてOK
・82,86小節目Sop”楽しい”の”しい”が目立ってる
→”しい”にスラーがかかっているように
他パートを歌ってみると何か掴めるかも
・前奏、間奏部の歌い直し直前の音が短い
→しっかりのばす Sopは最後の音も気をつけて

今回は久々に美和ちゃんの参加でした!
とても刺激的なお土産もありましたが、やっぱり一緒に歌えるっていいですね(*´꒳`*)

練習日誌    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

2018.11.23 Fri
11/9練習日誌
11/9(金)19:00-21:30 青少年会館工芸室
メンバー
あゆみ(H)るみ みさき
えくそん 馬場さん 有村さん

“A列車で行こう”の音取り、合わせ
まずは音取ってから言葉を入れていこう、
ということで、Cまでラ唱で合わせました。
なんとなく合わせたらこんな感じかと雰囲気をつかむところからですね。
MIDIをつくってもらっているので、練習来れていない人もしっかり音とリズムは入れておいてくださいね。

“線路は続くよどこまでも”合わせ
録音聞くと抑揚のない平坦な仕上がり。
主旋律歌ってる私もとても心当たりがあります。
強弱と歌詞を読むことが必要そうです。

練習日誌    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

2018.11.03 Sat
活動日誌1102
日時:2018年11月2日(金)19:00~21:30
場所:工芸室

出席者:るみちゃん、あゆみちゃん、みさきちゃん、エクソン、おれ

内容:「線路は続くよどこまでも」合わせ、「A列車」わちゃわちゃ

・A列車について
参考音源は半音低いので注意。
ベースは楽譜とがっつり違うので注意。MIDI求ム。

・線路
zun zun … 1音1音ぶれないように注意。一定したポジションで歌えるよう反復あるのみ。

33小節目&58小節目 … ハーモニーが揃いづらいです。抜き出したり、ゆっくり歌えばちゃんとそろったので、120のテンポでもそのクオリティが出せるようこれも反復。

42小節目 … ランランは明るく楽しく軽快にお願いします。その後転調が待っているので体力温存も可。でも明るく。

50小節目 … 転調自体はバッチリきまります。その後51小節目以降に音が上ずりすぎるので耳使って注意してください。


前半はほとんどベースの特練でしたm(__)m
付き合ってくれたソプラノさん、ありがとうございました。

アンコンの申込締切が11月9日なので早めに提出しないとですねー。

「線路は続くよどこまでも」の音取り&合わせは一旦終了して、次週からは「A列車で行こう」の音取りに移りたいです。
エクソンが歌詞と和訳を書いたので確認の程よろしくお願いします。
発音についてはみんな揃ったときにやりたいので、多くの出席をお願いします。
どうしても来れない人は同じパートの人に聞くこと!
まずはla唱で音取りしていきましょう。

お疲れさまでした。
以上!

練習日誌    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑