FC2ブログ
鹿児島県鹿児島市で活動している「混声合唱団こけけ」の活動日誌です。 毎週、練習の様子などを団員がもちまわりで書いていきます。
練習日誌 | 演奏本番 | 番外編 | うたのわプロジェクト2010 | うたのわプロジェクト2012 | うたのわプロジェクト2015 | 
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
混声合唱団こけけ活動日誌
≪2013.11  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  2014.01≫
プロフィール

混声合唱団こけけ

Author:混声合唱団こけけ
毎週の練習や本番の様子、うたのわプロジェクトの活動の様子などを団員がもちまわりでまとめています。

混声合唱団こけけのホームページはこちらからどうぞ。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
「 2013年12月 」 の記事一覧
2013.12.23 Mon
12月21日の練習日誌です
はいはいどうも、カリスケです。
今回の活動日誌は僕がお届けします。

日時:2013年12月21日(土)17:00~21:30
場所:青少年会館 1階 視聴覚室

参加者:

S みほちゃん、るみちゃん、あやのちゃん
A さゆりちゃん、みかちゃん
T ぼく
B おーにしくん、のっちくん

あーんどそきくん

今回は、集中練習!
しかしいつもの時間とは違って
夕方~夜での集中練習でした。
なんかいつもと違う雰囲気。。。

それもそのはず、今回の集中錬は
あさって23日(月・祝)に開催される
アンサンブルコンテスト@みやまコンセールに向けた、
ただ1曲のみに全時間を費やすという
なんとも熱の入った練習だったのです。

長丁場の練習ということで
入念な体操と、発声を行いました。

練習曲「なみだ」
果たしてどれだけこの曲に時間を費やしたのでしょう、
今日の練習は今まで積み上げた、
みんなの「なみだ」が一応のまとまりを見せなければならない日。
でも、でも、中々にまとまりません。
1曲をいくつかのブロックに分けて、深く掘り下げていきました。
その行程は、さながらほつれた糸をより合わせ、より合わせて
丈夫な糸を紡ぐような感覚に近いものだったと思います。

最後の最後に2,3回通しての演奏で本日の練習を終えました。

さぁさぁ、あがきもがいてやれる練習は全て終わりました!
後はコンテストでの本番を待つばかりです。
僕らの紡いだ「なみだ」を霧島の地に響かせましょう!
聞いてもらったみなさんにこのうたが届けばいいね!

ぼくらはひとつ

ぼくらはかぜ

しゅんかんのかんかくを

うけとってもらうために

うたいます


以上、
真夜中の物書きは
いつもこんな感じになる
カリスケでした!
スポンサーサイト



練習日誌    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

2013.12.16 Mon
練習の記録 12/13
【Day】
2013.12.13 Fri.

【Place】
青少年会館 工芸室

【Member】 5名
Ten. カリスケさん ばばさん
Bas. のっちさん かじぶぅさん おおにし

【Activity】
今日は、まれに見る人数の少なさの中、男声のみでの正規練習となりました。

Ten.とBas.で、息遣いやフレージングを合わせる練習をしました。
女声が居ないとどうにもならぬ…という曲の部分を除けば、男声のみで声を合わせる良い訓練になったかと思います。

[6小節目~] 「おしよせるのは…」
出だしはオクターブ違いの同音なので、しっかり揃えて。
盛り上がり部分の跳躍は、適当な歌い方にならないよう(特にBas.)。

[9小節~] 「ながしたなみだが…」
1音1音をなぞるような歌い方をしないのは言うまでもありませんが、
冒頭で少し鼻声をかけたように歌うと以降のピッチがズレてしまう(と私が指摘された)ので、「g子音が適度にはっきりと聴こえる歌い方」が必要になります。

[17小節~] 「なみだもなみも…」
冒頭のBas.は、特にBas.の深い歌い方を意識する必要はなく、Ten.の歌い方の感覚で軽く歌ってください。
さざなみがゆらりゆらり、凪状態から波がゆれ始めたイメージ。
そこにAlto.が入って、18小節後半で沈むところでBas.の深い歌い方に切り替えるように。

23小節のTen.&Bas.の部分は、「かがやき」「つきに」をよく引き立てられるようにしたいです。Bas.は23小節はじめの2分音符をしっかり伸ばし、Ten.の「か」が入ってきた直後あたりでブレスを入れると良いようです。

[36小節~] 「ながしたなみだが…」
今回は時間の都合もあり、ひととおり流れを見る程度でした。
主だった指摘点は、ピッチが合わない事(主に私)でしょうか…。

今回は以上のような練習内容となりました。
いよいよ来週がアンコン本番となります。頑張りましょう。


文責:大西

練習日誌    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

2013.12.08 Sun
12/6(金)練習
12/9(金)@青少年会館 工芸室

ソプラノ:みほちゃん、みか
アルト:さゆりさん、さきちゃん
テノール:そきさん
バス:のっち、にっしー、(かじさん)

今日は指揮無しで「なみだ」を歌う練習をしました。
まずは歌い出しの合図の出し方を、交代交代でやってみました。
自分の中でリズムカウントをとって、3で吐いて4で口から息を吸うと、周りにも伝わりやすいとのことでした。
合図を出す人で速さや歌い方が変わるので、かーなーり重要です!

また、タイミングを合わせて歌い出す所(poco piu mossoのバス、ソプラノの「消えていく」、tempoⅠの入り)は、周りの息を吸う様子や体の広がり具合などを感じてタイミングを揃えましょう。

それから、曲の最後「たくさんの なみだ」は早めにリタルダンドをかけてしまっているようです。最後の1小節だけ(つまりアルトだけ)かかるので、アルト以外のパートはあくまでリズムを守りましょう。

以上、みかによる日誌でした。

練習日誌    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑