FC2ブログ
鹿児島県鹿児島市で活動している「混声合唱団こけけ」の活動日誌です。 毎週、練習の様子などを団員がもちまわりで書いていきます。
練習日誌 | 演奏本番 | 番外編 | うたのわプロジェクト2010 | うたのわプロジェクト2012 | うたのわプロジェクト2015 | 
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
混声合唱団こけけ活動日誌
≪2013.02  2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  2013.04≫
プロフィール

混声合唱団こけけ

Author:混声合唱団こけけ
毎週の練習や本番の様子、うたのわプロジェクトの活動の様子などを団員がもちまわりでまとめています。

混声合唱団こけけのホームページはこちらからどうぞ。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
「 2013年03月 」 の記事一覧
2013.03.25 Mon
混声合唱団こけけ3rdコンサート
平成25年3月24日(日)
かごしま県民交流センター県民ホール 14:00開演

混声合唱団こけけ3rdコンサート

Program
●オープニング
幕が上がる前の歌

●1ステ 外国語アラカルト
Annie Laurie
Moonglow
O vos omnes
Ob-la-di,Ob-la-da

●2ステ かごんま図鑑
こけコン3①

鹿児島県あそび歌
薩摩兵児の歌
いい湯だな
さいさい節
灰かぐら音頭
鹿児島おはら節
茶碗蒸しの歌

●3ステ うたのわプロジェクト
こけコン3⑤

賛助出演:合唱団うたのわ(伊敷台中学校/西陵中学校/吉田南中学校/城西中学校/ポコアポコむらさき/MKBコーラスクラブ/女声コーラス藍/合唱団風/鹿児島メサイア合唱団)

「つぶてソング」より
許せるか、あなたは
なぜ生きる
「歌おうNIPPONプロジェクト」作品より
ほらね、

●4ステ 混声合唱組曲「私が私に出会うとき」
こけコン3②

窓辺に
君は虹を見たか?
名前
お前は孤独を
やがて来る春に

●アンコール
うたうたううた
OMNIBUS STAR 光年の旅



あいにくの雨模様となりましたが、無事に3rdコンサートを開催することができました。
こけけらしく、そして新しい挑戦も盛り込みながら、今できる精一杯に取り組んでみました。お楽しみいただけましたでしょうか。
合唱団うたのわの皆さんと、ご来場のお客様のあたたかさに包まれながら、私たちこけけは本当に素敵な時間を過ごすことができました。
未熟なところも多々お見せしたことと思います。できたことも、できなかったこともひっくるめて、こけけなのだと思っています。

できなかったことは、できるように
できたことは、もっと素敵にできるように
これからも、こけけは歩んでゆきます。

これからも、あたたかく、厳しく、応援していただけましたら幸いです。
今後とも混声合唱団こけけを、どうぞよろしくお願い致します。

こけコン3④
合唱団うたのわの皆さんと。この出会いは私たちの宝物です。


ご来場、ご支援くださった皆様、本当にありがとうございました!

こけコン3③
混声合唱団こけけ 団員一同。
スポンサーサイト



演奏本番    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

2013.03.23 Sat
コンサート前夜に。
今頃皆はなにしてるかな…。
明日の準備は終わったかな?
神経が昂ぶって眠れない子はいないかしら。

明日は、こけけの3回目の単独コンサート。
直前の日誌は、さゆりが担当します。

2013.03.22
青少年会館工芸室にて
19:00より、最後の正規練!
何も特別な事はしてません。
最初に、事務関係やら衣装やらの打ち合わせとか。
人が揃い出してからは合わせを中心に最後の確認。

あんまりガツガツ歌わなかったしね。
みんな、不安かな?
ドキドキするよね。
そわそわ、落ち着かないんじゃない?

だけど、そんなのも含めて…わくわくするよね。
不安になったら隣を見ればいいのよ。
今まで一緒に頑張ってきた皆が、そこにいるから。

スポットライトを浴びて、現実感のない…ふわふわしたあの空間を
以前からのメンバーは覚えているかな?

今年は、前回以上に素敵な空間を共有できるって、私は確信しています。

だから安心して、今日はもう体を暖めて休みましょう!(笑)
不安な夜かもしれないけど。
日が昇れば、また皆に会える!

そして、特別な、素敵な時間が待ってるよ。



と!いうわけで!
明日の準備が終わった子から、早く寝るがよ!
本番は体力勝負なんだからね!

ゆっくりお休み(ノ・ω・)ノ

また、明日ね♪

練習日誌    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

2013.03.22 Fri
3/20練習日誌
【日時】
2013年3月20日(祝)13:00~

【場所】
青少年会館音楽室
松田ピアノ友社コダーイ

【参加者】
女性:やつさん/みほさん/るみ/まいさん/りえ姉/さゆりさん/ほのさん
男性:かりすけさん/ばばさん/のっち/大西くん/坂田さん/かじさん/こーへー/そぎーさん

【内容①】
2ステの寸劇で合わせが不十分なところを確認しました。
・マネキン
・桜島
・さいさい節
舞台用のテンションで!

〈Ob-la-di,Ob-la-da〉
最初のマリンバは和音を感じて。また、マリンバはもっと息をまぜて。音源ではおもいっきり『オー』となっていたようです。
最後の手拍子忘れないこと。

〈おはら節〉
『ルンラルッル』のスラーを効かせること。決して『ルンラルンル』ではない。目立ちますよ!
Dラルゲット、テナーの音からもらうように。とくにベース!

〈さいさい節〉
主旋律をたてる。主旋律じゃない時に迷子にならない。そのために、主旋律を歌いつつ自分のパートを歌い、主旋律との関係を確認しました。

〈いい湯だな〉
最初のファンファーレは軽やかに。『バン』のnは鼻にかけて。
主旋律は歌い方をかえて。もっと出てきていいとのことです。
転調してもブレーキがかかる理由の一つに歌い方があるようです。うねらないように。

【内容②】
全体的に民謡系は母音明るめに。

〈うたのわ4曲〉
特につぶてソングは音符の長さに気をつけたいです。

〈OP〉
振りはかじさんに向かってする。息をまぜた歌い方でコンパクトに。あとは顔の表情で訴えられたらいいですね。

〈やがて来る春に〉
ソプラノ、テナーの『まどろみが断たれ』やりすぎ。『傷は』からゆっくりと。
CDエネルジコは日本語しゃべる。
ソプラノ『ほほえみの芽を~』音確認。その直前は全パートブレス合わせる。
Gカンタービレ歌い出し上から。
『私は問いかける~』少しずつゆっくりと。男声の『私自身に』で感じるくらい。女声は語りすぎず、もう少し流れるように。

〈窓辺に〉
アカペラ『夕日か』切り方。のばしすぎない。
『雨の日に咲いた~』は二回目が重要。最初に盛り上がりすぎない。

〈君は虹を見たか?〉
『始まりを告げている夢ののろしを』女声の『る』が気持ち長いため、男声とのずれを感じるようです。
音の長さ気を付ける。

〈おまえは孤独を〉
母音が明るすぎる。C男声『向き合うことは』三連符注意。女声と合わせる。『愛を』はok 。
F外声『向き合い』はっきりと。『くぐり抜け』はok 。

〈男女合唱〉
女性はふるさと歌い終わったら入場。走らない。
男性は2番歌い始めの立ち上がるタイミング。坂田さんだけ先に立ち上がりますよ。

〈茶碗蒸しの歌〉
神が降臨されました(笑)
本番も何が起こるかわかりません。皆、堪え忍ぶのです。



大変長くなりました。
いい演奏にするためにも、少しでも気をつけたいですね。

勝手ながら金子妹があげました。


練習日誌    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

2013.03.18 Mon
一日集中練習@吉田

3月16日(土)9:00~17:00@吉田青少年研修センター講堂

○参加者(敬称略)
S:あやの・みか・るみ・みほ
A:さゆり・りえ・しらお
T:かりすけ・ばば・のっち
B:おおにし・あべ
C:とき

○練習内容
・組曲、うたうた合わせ
・2ステ演出確認
・OP、1ステ合わせ
・全曲通し

【午前中】

まずは、組曲、うたうたを中心に練習しました。
これまでやってきたことの確認が中心でしたが、新たに気をつけることもいくつかありました。

・うたうた
うた、うたう、と言葉をしっかりと区切る。他の言葉も同様に。
歌詞の「う」とヴォーカリーズの「u」の区別をしっかりとつける。

・窓辺に
6小節目、ゆう日かの「か」は短めに!放すように。

・やがてくる春に
Cantabile最初の音は、高いポジションで。
助詞をもっとひいてフレーズの抑揚をつける!(とくにテノール)
せつせつと歌う場面で急がない、あせらない。
90小節目の和音As-durにかくされた「明日」という意味をしりながらうたおう。

・名前
前日の練習でもやった、フレーズのバトンをしっかりと渡すことを意識する。
前のパートのバトンを意識する。
口を縦につかう。ヨーロッパ的なうたいかたをしよう。

・孤独
「い」や「あ」をうたうときは、口を縦にして、深い響きを意識。
必要に応じて、子音をしっかりとたてて、厳しさを表現する。
33小節目・37小節目の男声の3連符は、とくに女声を聴いてそろえる。


全体的には、
最後fで終わるところなどは、口を開けたまま切る!
とにかく、要所では指揮をみる!(とくに男声)。
指揮者の出すブレスからもテンポを感じる!
どならない、楽に声を出す。(とくにバス)
この辺りを意識するとよいかもしれません。


休憩をはさんで、2ステの演出を確認しました。
変更点も出てきたので、まわりの人にきくなどの対応をしてください。
最後に2ステの入りはけの確認と、男女合唱の動きの確認と通し、おはら節の通しをしました。


【昼休憩】

吉田のお昼ご飯はとてもおいしかったです!いろんな話で盛り上りました!
昼食後は、時間をつくって、OPメンバーの合わせなどをしました。

・OP
フレーズの最後の言葉は、短めに処理する。
コンパクトな演奏にするために、いつも以上に息をたっぷり使う。
最後はたっぷりと。まわりと息を合わせる。


【午後】

午後は、まず1ステの合わせをしていきました。

・オブラディ
最初の15分で動きを固めました。(詳細はまわりのひとにきいてください)
そのあとは、とにかく数をこなして合わせていきました。
主旋律をはるテノールさんは、テンポが走らないことが大切です。(バスをよくききましょう)

・Moonglow
これもまずは動きをしっかりと固めました。(詳細はまわりのひとにきいてください)
とにかくうたいわけをもっと大胆にすること。宗教音楽と真逆の発声をできるかが鍵です!

・O vos omnes
ヨーロッパの音楽なので、口をたてにして、深い発音・発声を心掛ける。
子音は露骨にたてなくてもよい。
フレーズのうしろらへんはたっぷりとうたう。走らない!(とくにテノール)
情熱的な曲だけれど、叫ぶのではない。体の中から湧き出す音楽をしよう。


後半は、はじめて全ステージ通しをしました。
休憩時間も本番を想定しながら時間をはかりました。
合計22曲。約2時間のステージです。
通し終わった時には、さすがにみんなぐったりでした。
楽譜をはずして苦戦した曲があったり、テンポがすさまじかった曲もあり…
自分たちのコンサートの実態を知ることができました。


こうして、一日練習の全日程を終えました。
快く施設を利用させていただいた職員のみなさまにあらためて感謝です。


今回の一日練習で自信を持てたこと、わかったこと、できなかったこと、
たくさんあると思います。
まだ1週間も時間はあります。
課題を少しずつクリアしていきましょう!
1週間後、笑ってコンサートを終えられるように。


すてきな演奏会になるっていう確信はあります!
きっと、大丈夫!
あと一週間、地に足をつけて、かけぬけていきましょう!

やるが、やるが!


マネージャー
のっち





練習日誌    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

2013.03.09 Sat
あ、あつい…。
今週もまたフライデー・ナイトが、こけけの時間がやってきた~♪
………しかし今日は、暑い!あつい!もう春ですねえ。春はもう冷たくない!?
そんなわけで、どうもこんばんは。にっしーです。

●日時・場所
2013年3月8日(金) 19:00~21:30
青少年会館・工芸室にて。

●参加者
Sop:あやのさん・るみさん・みほさん
Alto:りえさん・ほのかさん・さゆりさん
Ten:カリスケさん・のっちさん
Bas:さかたさん・かじぶぅさん・ワタシ
Con:そぎーさん

●練習内容
軽く体操した後、じっくりと呼吸・発声をし、それから合わせに入りました。
今日は、コンサートの1ステージ・2ステージの曲がメインでした。

・「アニー・ローリー」
殊に、中盤(男声Solo)の和音の響きを確認しました。
この曲は「触れる事の出来ない、いとおしい人を想う」せつない歌ですから、力強く歌っても台無しです。
これは特に私が指摘されていた事ですが、「長い音を強く引っ張らない」というのも課題ですね。
思ったより改善の余地が多い、と痛感しております。

・「O vos omnes」
今日はりえさんによるオルガン伴奏を聴きながら歌いました。
伴奏と一緒に歌う中で、「楽譜の中での自分のパートの立ち位置・動き方」を確認しました。
(私事ながら)ある時某所で、コンクール課題曲でこの曲と同じくT・L・ヴィクトリア作曲の「O magnum mysterium」を歌ったのですが、その時の話と同じように、この曲でも「各パートの音をよく聞いて、自分の動き・歌い方をよく考えて歌う」という事を確認しました。

また、指揮のそぎーさんが「歌っている時に、1回も目線が合わない人がいる」と嘆いておられました。
暗譜も、しっかりと…。

・「さいさい節」
殊に、スビトピアノやスビトフォルテの箇所など、強弱について確認しました。
この曲でも、各パートの音をよく聞いて、その時の曲の雰囲気(強弱記号)に合った歌い方が求められています。
特にこの曲は中盤部の掛け合いのタイミングを揃えるのが難しいので、よく注意して歌うと良いかな、と思います。
宴席の陽気さを歌う曲なので、楽しく歌いましょう。

・「鹿児島おはら節」
 \ いま来たにせどんよかにせどん! / \ ハヨイヤサ! /

久々に合わせました。そんな気がします。
この曲も、先程の「O vos omnes」や「さいさい節」と同じように、各パートの音をよく聞いて歌いこむと良いと思います。
おはら祭りの元気な様子を思い浮かべながら、楽しく、勿論正確に掛け合いが出来たら良いですね。
この曲に限らず、男声パートの問題点は日曜の男声集中練習の時に、との事です。練習しなくちゃ…。

 \ そだんかけたらはっちこそなにせどん! / \ ハヨォイヨォイヨイヤサァ! /

・「茶碗蒸しの歌」
この曲も久々に合わせました。そんな気がします。
これまで何度も歌い込んできた歌なので、指摘点はそこまで多く取り上げられませんでしたが、
個人的にはところどころ忘れていた部分があったので、今一度練習します。_(:3 」∠ )_


●その他
歌ったり話を聞いていたりしているうちにあれまぁもう8時半だ、9時だ、退館時間だ、と。
歌っているとすぐに時間が過ぎていってしまいますね。それほどに合唱というのは楽しいものなんですねぇ。

今日はお二人、ゲストの方が来られました。
鹿児島県合唱連盟理事長(県の合唱界の重鎮)の池田先生と、「こけけのHPを見て興味を持った」という男性の方がいらっしゃいました。
ここでお逢いできたのも何かのご縁。今後ともよろしくお願い致します!

今日の練習日を除けば、みんなで合わせて練習が出来るのは、
・火曜集中練習日
・金曜練習日
・水曜練習日
・金曜練習日
…の四日のみですね。
いよいよコンサート本番が目の前に迫っています…。
それはそうと最近、風邪がはやっているみたいです。
以上のように申し上げました通り、コンサートまでもうあとわずか。
練習ももちろん大事ですが、体調もしっかり整えて本番に臨みましょう。
ではまた。

文責:大西

練習日誌    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

2013.03.07 Thu
ゲ ネ プ ロ !!!
この日はこけコン本番に私たちが立つ舞台で、諸々の確認作業、ゲネプロが行われました。

●日時場所
平成25年3月5日
18:00~21:30
かごしま県民交流センター 県民ホール

●参加者
S:あやの、るーみん、みほ、やつ
A:りえさん、ほのさん、さゆりさん
T:かりすけさん、のっち、ばばさん
B:にっしー、さかたん、かじさん、あべし
指揮:ときさん

●練習内容
・ひな壇セッティング
・各ステージ立ち位置確認
・試し歌い
・組曲通し
・うたうた

実際の舞台でしかできないことを!ということで、主な活動内容は立ち位置と動き、響きの確認です。
普段は程よい狭さのコンクリートの箱的な部屋(とてもよく響く)で練習しているので、舞台の奥行きのある感覚に慣れるまでちょっと時間がかかります。だからこの確認はとっても大事!自分たちの声が、振る舞いが、どんなふうにお客さんに届くのか、考えながら調整します。
相変わらず曲中でも立ち位置移動が発生する私たち。ゲネプロの終わりには、みんなどうにか感覚が掴めたようです。当日までに忘れぬようにー!

組曲に関しては、団員みんな頑張っていて、だけどそれぞれ色んな段階にいます。
各自で今の自分に最善の練習を施してあげること。
自分の声を把握する耳と、もう一つ全体の音楽を掴む耳を持つこと。
これでまた素敵な音楽が鳴るんじゃないかなと(主に自分を奮い立たせるために)思っています。
録音音源を聴きながら譜読みして、気付きを成長に取り込んでいきたいところです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

前回の日誌でみほちゃんがとっても元気になれることを書いてくれています。

>…やるしかない。やる!みんながいるから、やれる(*^^*)v

みんながいるから歌えるんだ。
たぶん、歌があるからみんなもここにいるんだ。
みんなの今の集大成として、もっといい音、鳴らしたいですね。
やるだけやって、笑って笑って、最後にはおいしいお酒を飲みましょうね!

ではでは、ゲネプロお疲れ様でした。

本番まできっとあっという間です。
合言葉は「うた、うたう。」!
うたおう!みんなで!


やつん

練習日誌    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

2013.03.02 Sat
3月。
3月になりましたね。
ポカポカお散歩日和が続いていたかと思えば、今日は雨が降って寒かったです(>_<)
春はまだ、冷たい。。


●日時場所
平成25年3月1日
19:00~21:30青少年会館4F工芸室


●参加者
S:あやの、みかさん、るーみん、みほ
A:りえさん、ほのさん、さゆりさん、のしさん
T:のっち
B:にっしー、さかたん、かじさん、あべし
指揮:ときさん
ゲスト:はつみさん(元団員さんで、今回コンサートスタッフをしてくださいます!ありがとうございます(ノ^^)ノ)

●練習内容
軽く体操、発声をして早速合わせに入りました。アカペラ祭りじゃー♪


*Annie*
出だしの『Max~』はスラーがかかっていますが、符点の動きもしっかりと大切に。
『Gave me~』のfeverのところは、グワアーッと熱く盛り上がりすぎずに『泣く』感じで(←イメージは分かりますが、なかなか上手く歌えません…(泣)。
二番の女声『Oo』は鼻にかけるような発声で。
あと、母音の発音がベシャッとならないように、口は縦に開くことを意識します。気分はスコットランド人で(*´、>`)
『Ah my love』の『Ah』は息をたーっぷりと。愛を込めて。


*いい湯だな*
最初と最後が(´д`;)って感じだったので、重点的に練習しました。
出だしのテノールのテンションに乗っかって、楽しく陽気にのぼせていけたらいいですね♪
『ban』の『b』よりも『a』をしっかりめに発音することを意識して歌うとお風呂場のエコー効果的なものがあるようです。
個人的には、どんどん遅れがちになってしまうことと、転調部分をいまだに探りながら歌ってしまうので、しっかり復習をしてこようと思います。。


*灰かぐら*
『ああ桜島』の『ああ』は、演歌調に和風テイストで。
ソロのとこは、裏拍に気を取られすぎて遅れないようフレーズの流れを大切に、たーっぷり気持ち良く歌えるように…練習してきますっ(>_<)
4番の『風に吹かれて』のとこ、クライマックスにむけて主旋律をしっかり聴かせるためにソプラノはテノールパートを一緒に歌うことになりましたので、よろしくお願いします♪ううぅ…その直後のソプラノの『舞い上がる』の『ま』、音惑わされすぎですみません練習してきます(/_;)
あと、同じく4番『あららはらはら』の直後の、全パート揃っての休符。一瞬の静寂をバッチリ決められたらカッチョイー☆


*さいさい節*
最初の『さい!』の後の『さいさいさい』は、ペースダウンする、というか、落ち着く感じになるので、出だしの勢いそのままでいかないよう気をつけましゅう。特にソプラノは注意です!
音域的に埋もれてしまいがちなアルトが主旋律を歌うときは、特にしっかり聴いて、しっかり立たせてあげましょう。
最後のさいさいはちょっと溜めるので、指揮者を見てタイミングを合わせましょう。


*名前*
UからB.Oに移った最初の音、揺らす?波打つ?感じで(これまたイメージは分かっても上手く出来ないすみません(泣泣)。ソプラノをうまく呼び込めるようになりたいです。。


*O vos*
一回だけ通しました。
強弱、感情の込め方は、日本語訳を参照しながら要復習、ですね(>_<)


*うたうた*
これも一回だけ通しました。
その日のコンディションとかメンバーによって、曲の色?匂い?が、大きく変化しやすい曲だなーと、改めて思いました。
本番はどんな風味になるんだろう(*´`*)


ふぅ…忘れないうちにダーッと書きました。補足などありましたらぜひぜひよろしくお願いします(>人<)


コンサート当日まで、ついに1ヶ月きりましたね。
…やるしかない。やる!みんながいるから、やれる(*^^*)v
頑張りましょう!頑張ります!!


みほ(^^)/

練習日誌    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

2013.03.02 Sat
2/24(日)集中練
2月集中練 2/24(日)
15:00~19:00 @松田ピアノ友社

女性:やっつん、るみさん、みほちゃん、さゆりさん、りえさん、みか

男性:ばばさん、のっちさん、かりすけさん、かじぶぅさん、そきさん


今月の集中練はうたのわの後ということで、みなさんやや疲れも見えましたが、松田ピアノ友社さんのハンパなく良い音のピアノに元気をもらいながら、組曲を中心にガッツリ歌いこみました。

久しぶりに合わせた〔名前〕は、もう少し感覚を思い出す必要がありそうでした。

今回の変更点としては、
〔君虹〕
・Eの出発の準備をしている感じのところの細かい強弱は、デクレシェンドを離す感じで歌うとよい。
・E最後のmoltoクレッシェンドからの、F最初の休符を生かす。

〔孤独〕
・生きていく→生きてゆく
・Aの「『瞬間 』である」の音をしっかり当てる。
・「必ず」「たましい」「向き合う」「愛を得ることが」などの言葉の頭をはっきり言う。
・D最初の「ア-」前は歌い直す。
・D「野原に出るのだー」のピアノはRPGがゲームオーバーになってリトライになる感じ。

〔やがて来る春に〕
・Aプロローグ部分はあせらずしゃべる。
・AとFの回るリズムの違いを感じる。
・C「一滴の」と「涙だったのか」の間の休符を生かす。
・E「わたしはようやく扉を開けるー」のピアノは、孤独と違って扉が開く。
・ラストの「芽生えにー」と「ア-」の間は、指揮者と合わせてしっかりブレスをとる。

また、やっつんアナが参加された貴重な回だったので、2ステのセリフ合わせをし、流れを確認しました。
立ち位置等は実際にステージに立ってみないと分かりにくいので、3/5のゲネプロで確認することとなりました。

以上、遅れてすみませんでした みかによる初日誌でした。

練習日誌    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑