FC2ブログ
鹿児島県鹿児島市で活動している「混声合唱団こけけ」の活動日誌です。 毎週、練習の様子などを団員がもちまわりで書いていきます。
練習日誌 | 演奏本番 | 番外編 | うたのわプロジェクト2010 | うたのわプロジェクト2012 | うたのわプロジェクト2015 | 
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
混声合唱団こけけ活動日誌
≪2010.10  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  2010.12≫
プロフィール

混声合唱団こけけ

Author:混声合唱団こけけ
毎週の練習や本番の様子、うたのわプロジェクトの活動の様子などを団員がもちまわりでまとめています。

混声合唱団こけけのホームページはこちらからどうぞ。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
「 2010年11月 」 の記事一覧
2010.11.27 Sat
国籍不明の~、旅路は遙か~♪
孤独な歌を響かせな~がら~♪♪


失礼いたしました。


11月26日(金)18:45~21:30
@青少年会館グループ活動室

参加者:
S:あやの、やつ、はつみ、(なみ)
A:みほ、りえ、さゆり
T:かりすけ、ばばっち、たけひろ、(キム)
B:のっち、大将、かじぶう、とき (敬称略)


内容:花、Namethattune合わせ、茶碗蒸しの歌披露


今日は熊本支部のキムが8ヶ月ぶりに参加。お帰りなさい。




ブレス・発声のあとは『風になりたい』4曲の内、最も短く唯一伴奏がない「花」を練習。

日本語のしゃべり方と音の長さが一致しており、語感を重視した曲になっています。

Allegro ma non troppo(適度なアレグロ)→Moderato(中くらい)→Lento(のんびり)と3段階の移り変わりをしっかり感じる必要があります。

曲そのものは1分ちょいと短いですが、その分濃い曲のようです。特にベースは半音が多いので、確実に当てないと崩れます。

今まで以上に繊細な作業の過程が必要なことを実感。



休憩を挟んでNamethattuneの合わせ。

前回の練習で元の曲がわかったことで、我々の理解が深まりました。今までは「流せる」段階だったのを今度は「魅せる」段階になります。

この曲の一番の魅力は「次にどの曲が来るのか予測不可能なこと」だと考えられます。そうである以上、動きを予測されるのが一番の問題になります。

となると、歌い手と観客の駆け引きが重要だったりします。ハラハラドキドキワクワクを観客に感じてもらうように歌えるようにならないといけないでしょう。

その両者の間に立って調整を行うために指揮者(とき)がいることを忘れないようにしましょう。




茶碗蒸しの歌は、今回編曲者のキムが来たので聞いてもらおうということになり。1回だけ歌いました。

セリフのところはもっとしゃべった方がいい、歌っている中でのセリフではなく、普通の会話のように話す方がいい、とのことでした。



そして、


明日は飲みだヒャッハー


以上、大将がお送りいたしました。
スポンサーサイト



練習日誌    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

2010.11.26 Fri
Classicのお勉強。
11月20日(土)14:00~18:00
@青少年会館音楽視聴覚室

参加者:
S:やつ、なみ、はつみ
A:みほ、りえ、さゆり
T:かりすけ、いたい、たけひろ
B:のっち、大将、かじぶう、とき

内容:
うたのわ初回の反省会
Name That Tuneの原曲鑑賞会と、それを参考にした合わせ
組曲の音源鑑賞会


午前中にうたのわの初回練習を終え、団員は1時間後に青少年会館に集合!11月の集中練習を行いました。
とはいえみんなさすがに疲れていたので、まずは午前中の反省会から。

次回に向けて、レクリエーションを「サインくださいゲーム」一本にして、少し時間を多めにとってはどうか、という意見や、参加者の体調にも注意することなど確認しました。

その後は、アンコンに向けてNameThatTuneの練習。
Classicの名曲メドレーのこの曲。今更ではありますが、原曲をみんなで鑑賞して、演奏に生かそうと取り組んでみました。各曲の該当箇所を繰り返し鑑賞してから、楽譜の表記とよく照らし合わせながら、実際に演奏する、という作業を繰り返してみました。



●冒頭~17小節
モーツァルト作曲オペラ「フィガロの結婚」序曲
今までよりテンポを速めて、瞬時のクレッシェンドを効かせるのがコツ。原曲のかっこよさに近付いてきました!「bore」の発音は、ここではカタカナ「ボー」に近い方がよさそうです。

●18小節~29小節あたり
ビゼー作曲オペラ「カルメン」より闘牛士の歌
テノールが高々に歌い上げます。情熱の国スペインの、熱気というかラテン系の陽気さというか…そこに踏み込んで歌いたいですね。

●29小節目の一部~35小節
ベートーヴェン作曲交響曲第5番「運命」第一楽章
29小節目から、「運命動機」が見え隠れし始めます。カルメンからじわじわと曲想が変わっていって、33小節で劇的に「運命」を奏でる。ffまでのプロセスで、ベースの裏拍入りで遅れないことと、上3声が勝手にテンポを緩めないことが鍵。運命はとことん劇的に!

●36小節~43小節
バッハ作曲 変奏曲
いたいさんの提供してくれた音源と、僕らの楽譜の指示が少し異なる様子。もう少し研究が必要です。

●44小節~45小節
シューベルト作曲歌曲「アヴェ・マリア」
ソプラノは42小節からアヴェマリアを匂わせています。44小節目で曲をうねらせられるかどうか。この2小節は一息で宗教的に歌い上げたいところ。

●46小節~51小節
チャイコフスキー作曲バレエ「くるみ割り人形」より「こんぺい糖の踊り」
なんといっても、チェレスタの音をどこまで再現できるかが鍵。もう少し研究が必要ですね。下3声のClearlyや男声のUnlgarの表現も原曲にヒントを貰いました。

●52小節~76小節
ヨハン・シュトラウスⅡ世作曲ワルツ「美しき青きドナウ」
女声のhesitantや男声のMoreConfidentの処理の仕方は、原曲を参考にするとよくわかりました。音のアタックの仕方にいろんなテクニックが求められています。速度変化も、原曲のまんま。特に69小節Sopと71小節Tenは、加速の鍵になります。テンポを作る意識を持っていてくださいね。

●76小節~79小節
エリーゼのために
ほんの一瞬、ですね。エリーゼのためにが始まる…と思わせておいて、始まらない。この遊び心を理解しておかないと、面白い演奏はできません。

●84小節~
チャイコフスキー作曲序曲「1812年」
のだめカンタービレでも登場した作品らしいですね。本家は本物の大砲が演奏に登場する、迫力ある作品です。強弱のメリハリがやはり鍵。今後はテンポを速めます。楽譜どおりの予定。息継ぎやらそれに伴う課題もでてきました。でも迫力が増してきましたよ!


●119小節~121小節
ウィリアムテル序曲
半オチくらいの面白いところ。はっきり聞かすためにはもう少しバランス等考えた方がよさそうです。


今わかっている曲は一応聴いてみたのですが、それ以外にも何か隠れていそう…。80~83小節はなんて曲でしたっけ…誰か教えてくださいー
1812→ウィリアムテルの間に、天国と地獄がちょっと含まれてるような気もするんですよねぇ。まだ研究が必要です。

改めてわかったことは、この曲は
オーケストラの名曲を
アカペラに置き換えて挑んでみただけ
ってこと。

なので、自分勝手にアレンジするよりも、原曲を何度も聴き、研究して、それを最高の楽器「声」のハーモニーで表現することを突き詰めていけば、とっても面白くなりそうです!

曲のデータは載せてますし、各自いろんな演奏を聴くなどして、研究を深めましょう!
この機会にクラシックのお勉強です☆

アンコンまであと一ヶ月!楽しく頑張りましょう☆

とき

練習日誌    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

2010.11.23 Tue
10月29日の練習日誌
すみませんすみません活動日誌が非活動的になり大変申し訳ありません活動日誌という空間に大きな時空の歪みを生じさせてしまいました時系列を大幅に狂わせてしまいました大変なことをしました申し訳ありません10月29日の体で読んで頂けるとありがたいですお手数をおかけしますすみません

日時 10月29日金曜日(1か月前ですごめんなさいごめんなさい) 18:45~ 
場所 青少年会館1Fグループ活動室

メンバー
ソプラノ:はつみさん、なみさん、あやの
アルト:さゆりさん、みほさん(NEW)
テノール:かりすけさん、いたいさん、たけちゃん
バス:大将さん、SOGIEさん、のっちさん?

坂之上病院の演奏の合わせでした。

♪Ave Maria
坂之上病院本番ではやっちゃんさんがいらっしゃらないということで、私が冒頭のソロでしたすみませんでした助けて下さい

この曲も指揮者無しということで、呼吸を計り合って歌う練習をしました。ソプラノの皆さんは私の呼吸に合わせて入って下さるということですみませんでした。お互いの顔を視認できなくても、隣にいる人の気配を感じ取りタイミングを合わせることは意外とできるものらしいということがわかりました。みんな空気を読み合うので普段より遅めになるのが、ああ、そういうものなんだなあと思いました。テンポ変化は焦らない。音の中に音符が見えるのではなく、流さなくては美しくない。力を抜いて、マリア様にガンつけない。


♪うたうたううた
久しぶりのうたうたううたでした(私は)。こけけオリジナルソングなのでもっと歌いこなせるようになりたいです。subito P(ちっぽけなぼくの~等)はもっと集中して、明るい調に変わった時は未練を引きずらずポジティブに。これもやっぱり音符の見える歌い方では綺麗でない。意識を切らせない!きみにうたううたです!


♪線路は続くよどこまでも
これも指揮者ほぼ無しで歌います。個人的に、いつも最後まで余裕が持続せずごり押しになる歌ですどうすればよいのでしょうか…。軽快な曲ではありますが揺ぎ無い鋼鉄の存在感が出せないです…。
冒頭は全パートで滑らかに繋げる(66小節目からも同様に)、歌詞の入りはバシッと。「せーんろはつづくーよー」になっている。格パートの和音の役割を思い出して。線路は続く!曲は終わっても線路は続く!


♪茶碗蒸しの歌
もっとばかばかしく!と言われました。これは高級料亭の気取ったお茶碗蒸しではなくて、お母さんの作った、昨日の残りものとか入っちゃってるし器もドンブリだけど愛情たっぷりな気はする茶碗蒸しなのだと。面白おかしいできごとを面白おかしく歌っている歌で、土着の民謡なのだと。
「パ」は唇を使って、もっと休符を感じる!語り部分?は、歌っているパートをかき消してしまうくらいやらないと何をやっているかわからない。小節の1拍目が強くなるはずなのでもっと揺らす。Finaleの加速しつつのクレッシェンドはもっと指揮を見て。


どの曲に対しても、まだ、情熱が足りないのかなあと反省しました。「うっひゃひゃーいあひゃあひゃ」という感じはやりすぎとは思いますが、そのくらい気持ちを高めてやらないと届かないのだ、と思いました。


今回の練習から(10月29日の体でお願いします大変申し訳ございません)みほさんが新たな仲間に加わって下さることになりました!これからよろしくお願いいたします!


ごめんなさい記録者あやのでしたごめんなさい

練習日誌    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

2010.11.20 Sat
プロジェクト前夜
さて、何人の方が活動日誌とめていらっしゃるかな(ニコッ)
はつみです(笑)

日時:2010/11/19(金)18:45~
場所:青少年会館1Fグループ活動室
参加者
Sop:なみさん、やっちゃん、あやの、はつみ
Alt:りえちゃん、さゆりちゃん、みほちゃん
Ten:かりすけさん、いたいさん、ばばっちさん、たけひろ
Bas:大将さん、のっち、かじぶぅ
指揮:そきさん

☆ゲスト☆
るみちゃん(りえちゃんの妹さん!)

内容:うたのわプロジェクト準備、合わせ

まず最初に、自分のネームプレートを各自作成!
皆に呼ばれたい愛称を書きました。是非その名前で呼んでください!
明日お集まりいただく方の分もプレートを準備し、うたのわ3曲の方も準備。

歌詞読み!
心を込めて読みたいですね。
確か先週でしたか、テンポはゆっくりぐらいがいいというお話でしたね。
私も慌てないように気をつけます。

曲!
「ひとつぶのいのち」
休符をしっかりつかまえることが大事。
♪いきるいのちの~ は「物語」と続いているので、おしゃべりしましょうとのこと。
そのあとは「輝いている」ので文字通りキラキラ楽しみましょう(≧ω≦)b
「ああ」は感嘆の「ああ」なのでそこまでに盛り上がりを持ってこれるといいですよね。
他にも、前に進む推進力とかそういったものを彷彿とさせる表現がたくさんあるので皆さん要チェック。
ひとつぶのいのちだけどそれをつなぎ合わせたりしていくときっとすごいことが出来るっ!

「鐘が鳴り渡る日」
この曲も休符しっかりです。1番と2番でリズムが違う部分もあるので気をつけて。
感動(鐘が鳴り渡るようなすばらしいとき)に向かうまでの盛り上がり大切ですね~。
2番の頭女声さんの「ル」は男声を引き立てるような、花を添えるような感じがいいですね(≧ω≦)b
1番では「うたいたい(個人)」→2番では「つたえたい(複数)」と世界が広がっているのもお忘れなく。
2番カッコでは鐘が鳴り渡ったあとの余韻の感じを大切に。
鐘が鳴り渡るような感動とその余韻を大切に表現していきたいですね。

「OMNIBUS STAR 光年の旅」
出だしのつかみをしっかり。歌詞を大切に。のびのびと~
♪けれど~ の後の暗黙の何かを大切にしたいです。決して否定的ではなく!
音符がいっぱいぎっしり~のところは「おしゃべりタイム」しっかり歌詞をおしゃべりしましょう。
女声から男声へのパスも意識が大切ですね。
♪発駅不明/着駅不明~ 不安と期待のドキドキワクワク→(旅が)前進していく→気持ちの高鳴り、上昇→主題
こんな雰囲気が出せるといいですね(≧ω≦)b
主題の歌詞は特に注意して発語していきましょう。
ラストはソプラノさんおいしいので、がっつりくらいつけるようがんばりましょう(≧ω≦)b

さぁ、明日はうたのわプロジェクト初日!どんな日になるか楽しみです♪
皆さん楽しみましょうね!

P.S:大将さんの生涯の伴侶はマッチ(微炭酸飲料)火遊び相手はメロンソーダ、だそうです。

記録者:はつみ

練習日誌    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

2010.11.20 Sat
うたのわ練習1回目♪ [ひろがれうたのわ♪]
待ちに待った、うたのわプロジェクトの初練習の様子です☆

2010年11月20日(土)
@中央駅ダイエー8階多目的ホール
10:00~13:00

●参加団体
【中学校】
西陵中、甲南中、和田中合唱部

【一般・お母さん】
ポコアポコ紫、MKBコーラスクラブ、鹿児島室内アンサンブルTrinity

【こけけ】
やっちゃん、はつみ、なみ、みほ、さゆり、りえ(ピアノ)、ばばっち、カリスケ、大将、かじぶう、とき(指揮)


総勢約60名での初練習となりました!(次回はこれに2団体加わるので、まだまだ増えます♪)

●内容(時系列)
団体紹介
「サインください!ゲーム」
「心と心の交信握手ゲーム」
ひとつぶのいのち 練習
鐘が鳴り渡る日 練習
休憩
OMNIBUS STAR 光年の旅 練習
3曲通して演奏♪



いよいよ始まった、うたのわプロジェクト!
この日をとっても楽しみにしていました☆

今回の参加者は約60人!中学生からお母さんたちまで、世代と学校を超えてたくさんの方にお越しいただきました。次回はもっともっと参加者が増えるっていうんだから驚きです。うたのチカラってすごいなぁ!

活動の様子を、写真つきでお届けします☆


うたのわ2010-2-1


名札作成中。呼んで欲しい名前を自分で決めて書きました。なんて呼んでもらおうか、お悩み中。


うたのわ2010-2-2

ハイチーズ!一番左は中学生ではありません(笑)


うたのわ2010-2-3

あだ名決めに悩むお母さんたち♪


うたのわ2010-2-4



サインくださいゲーム。「好きです!サインください!」「いいよ♪」セリフがちょっと照れ臭いけど、大盛り上がり♪


5うたのわ2010-2-5
声楽家のお兄さんとも友達になりました♪

うたのわ2010-2-6

心と心の交信握手。気持ちが揃うかな?いち、に、さん!先生も一緒になって遊びました♪

うたのわ2010-2-7
握手のあともサイン交換。名札がみんなのサインで埋まっていきます♪


うたのわ2010-2-8



「ことばを大切にうたおう」をテーマに、皆で歌詞を朗読しました。


うたのわ2010-2-9
うたのわ2010-2-10
みんな一生懸命、心を込めてうたっています♪

うたのわ2010-2-11
うたのわ2010-2-12
中学生が指揮者に挑戦!みんな上手で、びっくり☆指揮者ときの座もあやうい!?



うたのわ2010-2-13

最後に3曲を通してうたっておしまい。みんなが仲良くなると、うたも温かく素敵になります♪



3時間の活動でしたが、あっという間でびっくり!

みんな「はじめまして!」の人ばかりで、はじめは緊張していましたが、サインくださいゲームをきっかけに一気に打ち解けました。
本当はもっとたっぷり遊びたい!んだけど・・・歌も練習しなくっちゃね(笑)

簡単な3曲ではないのですが、皆さん事前練習を頑張っていてくれたおかげで、スムーズに練習できました♪まだうまく歌えない人も、皆の中で曲の印象をつかむことで、これからの練習がとっても楽になると思いますよ!

「ことばを大切にしよう」というテーマでの練習☆歌詞の朗読からはじめ、歌詞に込められている思いをうたに乗せて届けるために、発音や気持ちに注意しながら練習しました。練習するほど、どんどん素敵になるからおもしろい!

こけけから皆さんへ、
今後この3曲を練習するときには、【まず歌詞を朗読してみよう】と宿題を出してみました!
西世紀先生の生んだ素敵な言葉を、それぞれが「自分のことば」として熱い思いをもってうたってほしいなぁと思っています。もちろんこけけも、練習するときには朗読から始めます♪

とっても楽しくて、あっという間だった3時間。
皆さんも楽しんでもらえたでしょうか?
たくさん素敵な笑顔が見れたので、とっても嬉しかったです☆
僕らの方が、皆さんから元気をもらっちゃいました♪(^^)

次回練習は2月。
しばらく間が空きますが、皆さんとの再会を、そしてまだ見ぬ仲間たちとの出会いを楽しみにしています☆
感想や、やってみたいことなど、コメント欄になんでも書いてみてください!
僕らこけけも、次はもっともっとみんなと楽しく歌えるように、練習頑張ります!

素敵な時間をありがとうございました☆
また次回(^^)

こけけ一同♪

うたのわプロジェクト2010    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

2010.11.20 Sat
練習前夜♪

いよいよ明日は、うたのわ練習!

こけけは明日に備えて、名札の作成やレクリェーション打ち合わせ、そして3曲の練習をしました♪

僕らこけけが、誰よりも素敵に歌ってみせるもんねー!
と、気合だけは充分であります(笑)

改めて思います。
この3曲、とーってもいい曲ですね!

この素敵な曲を、明日出会う、まだ見ぬ仲間たちと歌えるなんて・・・!

オラ、わくわくしてきたぞっ☆

うたのわ2010-1



明日は、こけけのメンバーは全員、写真のポロシャツを着ています。
わからないことなどあったら、何でも聞いてくださいね!
(ちなみに左が指揮者とき、右は団長の大将です)

初めてのことで、不安も多いのですが・・・
とにかくみんなで楽しく歌いたい!笑いたい!
明日はきっと、「鐘が鳴り渡る日」になることでしょう♪



参加される皆さん、会場まで気をつけてお越しくださいね!
こけけ一同、お待ちしています♪

ひろがれうたのわ♪

うたのわプロジェクト2010    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

2010.11.19 Fri
【復活のじゃもん】
マルカンカニカンアジャスター
シュワシュワシュワー!



日時:2010.11.12(金)

場所:青少年会館グループ活動室

参加者
Sop:はつみさん、やつ
Alt:りえさん、さゆりさん、みほちゃん
Ten:ばばさん、のっち、たけひろ
Bas:そきさん、大将さん

内容:うたのわ合わせ、日程確認

軽いストレッチ運動の後、まずはうたのわ三曲を一通り合わせてみました。きらきらした歌詞と深いメロディー進行に胸が痛みます。涙腺もやばいです。
当日は「うたのおにいさん・おねえさん」として先導できるよう、よーく読みこんでどっぷり浸っちゃうといいと思います。

その後はお菓子を食べつつ11月20日の日程確認でした。当日は集中練習もあってハードですが、無理せず楽しみましょうね!


今日はさゆりさんのお誕生日ということで(おめでとうございます♪)はつみさんから鯛焼きの差し入れをいただいたのと、偶然こちらに帰省していた支部・高原さんが様子見のついでにお土産を持ってきてくださったので、日程確認時のお菓子が大変豪勢でした。ありがとうございました。
そして【じゃもん】は大将さんの新たな名言です。唱えると液体が泡立ってメロンソーダになります。お試しあれ。


遅くなって申し訳ないです!
記録係:やつ
でした。

練習日誌    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

2010.11.19 Fri
実行委員長です! [告知]
こんにちは!

この日誌をご覧になっているそこのアナタ!
ようこそおいでくださいました☆

こちら、混声合唱団こけけによる、「うたのわプロジェクト2010」の活動日誌です♪
僕は実行委員長で、こけけの指揮者をやってます「とき」と申します。どうぞよろしく!(^^)

今週末11月20日(土)は、いよいよ初めての練習ですよ!
参加者の皆さんとの顔合わせが、声合わせがとっても楽しみです♪

【11月20日(土) @中央駅ダイエー8階 多目的ホール
9:30~受付、10:00~13:00練習】

当日は、中学生からお母さん方まで、たくさんお集まりいただける予定です。
西世紀作品3曲の練習はもちろん、仲間づくりのゲームなども企画しています。

これからは、練習の様子などを写真つきで投稿していく予定です。
参加者の皆さんはもちろん、応援してくださっている方々も、お気軽にコメントくださいね♪(^^)


来る初回練習に向けて、こけけも練習や準備を頑張っています!

まだ見ぬ仲間たちとの出会いを
楽しみにしていますよ(^^)

それでは!


とき

うたのわプロジェクト2010    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

2010.11.08 Mon
こけけ秋の唄会♪坂之上病院3rdコンサート
こけけ秋の唄会♪@坂之上病院
2010年11月6日(土)14:00~

●出演者
S:あやの、はつみ、なみ
A:みほ、さゆり
T:ばばっち、いたい、たけひろ
B:のっち、大将、とき(指揮)

●プログラム
♪このみちゆけば
♪Ave Maria
♪Name That Tune
♪うたうたううた
♪故郷(お客さんと一緒に斉唱)
♪故郷(合唱)
♪線路は続くよどこまでも
♪茶碗蒸しの歌(アンコール)

秋の3連戦最後を飾るのは、坂之上病院でのコンサート!
毎年呼んでいただいている病院で、今回で3回目の演奏となりました。いつも貴重な機会をありがとうございます!手作りの飾りで彩られた舞台に感激しつつ、心を込めて演奏させていただきました!

sakanoue


故郷斉唱のコーナーでは、お客さんも元気よく一緒に歌ってくださいましたよ♪皆さんとっても歌がお好きなようです。
特に喜んでいただけたのは、アンコールで演奏した茶碗蒸しの歌でしょうか。さすが鹿児島県民の血脈(笑)、いただいた手拍子に乗せて、とっても楽しく歌えました♪

最後にとっても素敵な花束と、お礼のお言葉をいただきました!皆さんをより元気にしたくて一生懸命歌うのですが…いつも僕らの方が感激して元気になっているような気がします。本当にありがとうございます!頂いた花束は、指揮者ときが代表して持ち帰り、花瓶に移して大切に飾っております♪
DSCF0326_convert_20101108232411.jpg

職員さんが驚くほど、みなさんとっても集中して楽しんで聴いてらしたそうです。とっても嬉しいですね♪
個人的には、一番後ろのお客さんからいただいた大きな声の「アンコール!」が最高に嬉しかったです☆

いつものメンバーはもちろん、新加入のみほや復帰したばかりののっちも、こうして温かい拍手を浴びることができたことは、とても大きな幸せです。

秋の3連戦を終えて。演奏面にはまだまだ課題が山積みですが…
それぞれの舞台で、今できる精一杯の演奏ができたでしょうし、多くの方々に喜んでいただけたように思います。
それぞれの機会にいただいた温かい拍手と反省を糧に、これからもまた頑張っていきましょう!

坂之上病院さんには、また来年もお世話になるかもしれません。成長して帰ってきましょうね!

すべてのお客様に、感謝!ありがとうございました!

坂之上病院コンサート、そして秋の3連戦終了!お疲れ様でした☆


記録:とき

演奏本番    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑