FC2ブログ
鹿児島県鹿児島市で活動している「混声合唱団こけけ」の活動日誌です。 毎週、練習の様子などを団員がもちまわりで書いていきます。
練習日誌 | 演奏本番 | 番外編 | うたのわプロジェクト2010 | うたのわプロジェクト2012 | うたのわプロジェクト2015 | 
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
混声合唱団こけけ活動日誌
≪2010.08  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  2010.10≫
プロフィール

混声合唱団こけけ

Author:混声合唱団こけけ
毎週の練習や本番の様子、うたのわプロジェクトの活動の様子などを団員がもちまわりでまとめています。

混声合唱団こけけのホームページはこちらからどうぞ。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
「 2010年09月 」 の記事一覧
2010.09.26 Sun
9月最後の練習!!
まずは…皆さんに謝らなければならないことがあります。
今日は本番前の大事な集中練習だったにも関わらず…15分無断で遅刻したこと、本当に申し訳なく思っております(>_<;)
だけど…二度寝ってなんであんなに気持ち良いんでしょうね。
あ、いえ、もう本当に猛烈な勢いで反省してます。ごめんなさいすみません申し訳ないです

…えっと。本題。

●日時:2010.09.25(土)13:00~17:00

●場所:青少年会館1F音楽室

●参加者
Sop:はつみさん,やっちゃん,あやのちゃん
Alt:りえちゃん,さゆり
Ten:ばばさん,いたいさん,かりすけさん,たけちゃん
Bas:そぎーさん,さかたさん,かじさん,きょうさん(!)

●内容
まずはいつものラジオ体操…だったんだと思います。多分。(すみません…)
柔軟をして…今日は特に肩・首を中心にほぐしました。
トイレ式ブレスを確認した後、各自で声の調節をして。
まずはプログラムどおりにやってみよう!
…って事でやってみました。
ちなみにプログラムは以下の通りです。

このみちゆけば
北極星の子守歌
AveMaria
NameThatTune
故郷(斉唱)
故郷(合唱)
ルパンⅢ世のテーマ
線路は続くよどこまでも
茶碗蒸しの歌

通しの結果、
このみち:もぐら~からのテンポ変化
北極星:転調
AveMaria:37小節からのAmenのくだり
線路:出だし、66小節からのrit、90小節目からのTempo
が弱点でした

というわけで…Let's練習★
順不同ですがご容赦ください。
□このみちゆけば
・テンポ変化。
もぐら~から、それまでの流れとは違ってテンポをそんなに上げません。
少しづつaccelをかけてはいきますが、思いのほかゆっくり進行していきます。
53,54小節目、ヤッハせせらぎ~でテンポが戻る感じです。
男声に限らず、女声も…指揮者を良く見ておかないと、各パートが(寧ろ銘銘が)ズレにズレて気持ちが悪くなるので…要注意!です!
・スタッカートの歌い方。
音を短く切る、のではなくて、上に弾むような感じで歌いましょうだそうです。
・あとは個人的に…この曲、音の動きが最初から最後まで似たような旋律を辿るので…歌い慣れてくると、とっても機械的な歌い方になってしまいます
非常に可愛らしい歌詞なので、ひとつひとつの情景を浮かべて、歌い方を変えられたら…と思います

□北極星
おそらく、今もっている曲の中で一番苦戦している曲だと思います。
・転調
これが最大のネックですね…。転調後…。みんなきっと???って感じだと思います。不思議な和音がいっぱいで頭が大混乱
だけど、そんな中でも、きちんと(なんて言うとおかしいですけど)綺麗な和音になっている(はず)の所は沢山あって。
そういうところで復活出来るように、ってばばさんが仰ってました。
が…がんばります…
んー。この曲…なかなか掴めないですよね。
たとえば、この曲の歌詞って…基本的に意味不ですよね。
主題は何なんだろうって考えたら、「ただひとつ動かぬ星がある」っていう、ここですよね。
瞼を閉じて、眠りに就いて…目が覚めたら朝が来ていて…
1日が終わってしまう不安、知らない間に世界が変わってしまう不安。
だけど、大丈夫だよって、絶対に変わらないものが存在するんだよって、だから安心してお休みって…そういうことかなぁ。
主旋の下で動いているパートは揺り篭のリズムだったり、お母さんが子どもをあやす手のリズムだったり…。
色々考え方はあるだろうけれど…今日、色々と話をして、そんなことを思いました。
ってわけで、きっとふわふわした音の中に、もっと…揺るぎ無い安定感みたいなものが表現出来たら良いんだろうなって思います。

□AveMaria
この曲、個人的にすごく好きです
とってもキレイ…(*´∀`*)
っておっと…本題本題。
・19小節目、Christusの後。今まではstusで伸ばす中で3拍子を感じて、そのままSancta~って入ってましたが。
19小節目と20小節目の間に、少し間を取る事になりました。
歌い手としても、拍子が変わる前に、気持ちを整える瞬間が与えられて…とっても楽に入れるようになりました
ここから2回ずつ、同じ音、同じ歌詞が続きますが。
どちらも、1回目は外に向かうエネルギー。2回目は内にぎゅっと籠めるようなエネルギーで歌い分けます♪
・Amen
最後のAmen。難航してましたが、ようやくなんとかまとまってきた!って感じですね。
私がこの曲で一番神経削がれるところです(・_・;)
本番もきちんと神様にお祈りが届きますように…

□線路
・出だし
まずは取りあえず。SATBが1拍ずつずれて入ってくるこの曲。
前のパートよりも大きく入りましょう
自分のパートが今参戦したんだぜ!って主張をしていきましょう!(笑)
3小節目からdecrescしていきますが…fからmfに落ちるくらいなものなので、萎みすぎないように注意、ですね
・Zun
んー…。ちょっと軽くなりすぎてる、のかな?
日本語のイメージで、「ツン」と「ズン」の中間の「zun」って感じらしいです
あとは…基本的に各々フリーダムな動きをする曲ですが、ちょいちょい全パートだったり内声だったりで揃うところがあります。
そういうところをバシッと決められるように、指揮者とだけではなく、歌い手同士でアイコンタクトしながら歌えたらきっともっと素敵な音楽になると思います
・90小節目、Tempo
なかなかテンポが戻りきらないですね…。
もっと緩急をびしっと付けられたら締りのある曲になると思うので…Look at 指揮者、です

□Name
この曲こそ、もっと緩急だったり強弱だったりを大げさにつけてかないと、って曲ですね
そのためには…歌い手が曲の全体像を把握してなきゃなんですけど…歌ってる方としては一杯一杯で(>_<;)
とりあえず、盛り上がるところでワァってやって、終わりそうな雰囲気出しときながら…まだでしたー残念ーwみたいな(笑)
そういう面白さをもっている曲らしいので。
もっと余裕をもってお客さんをからかうような気持ちで挑めるようになりたいです!いや、なってみせます…多分!
…うぅ…頑張ります

こんなところで今日の集中練習は終わりでした。
本番まで練習はあと1回(!)
保険として譜持ちOKらしいですが…できる限り暗譜して歌いたいですね
今日、練習で試しに何曲か楽譜を持たずに歌ってみましたけど。
…意外と覚えてるものですね★
や、結構間違えちゃいましたけど(爆)
自分の苦手だったり、覚えていない箇所がはっきりするのでオススメです
指揮者もよく見れるし…一石二鳥です
本番はどう足掻いたってやってくるので…最後の追い込み、皆で頑張りましょう!
朝晩寒いほどの季節になりましたし、体調を崩さないよう、くれぐれもお気をつけ下さい♪

では、今週の記録はここまでです。
記入者はさゆりでしたー(次回は絶対遅刻しないと誓います!笑)
スポンサーサイト



練習日誌    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

2010.09.18 Sat
鬼マネレポート
毎回ブログタイトルを皆さんが考えてくださるので助かります?(笑)
はつみです。

●日時:9/17(金)18:45~21:30
●場所:青少年会館4F工芸室
●メンバー
 Sop.やっちゃん、あやの、なみさん、はつみ
Alt.さゆりちゃん
Ten.いたいさん、たけひろ
Bass.大将さん、曽木さん

●流れ:体操→ちょっとブレス→「茶碗蒸し」→「Name that tune」→「Ave Maria」→「北極星」→「このみちゆけば」

●内容
体操はいつもの通り、ラジオ体操プラス首周りをリラックスさせる柔軟体操(?)等。
ブレスは、↓の曽木さんのブレスのやり方をもう一度認識しなおそうという試みをちょっとだけしました。
まずは、息を深く吸うときにノドの周りが緊張しないことが重要です。
皆さん、トイレで確認されてますか?(笑)
コレができるようになると、重心は安定するし背中のほうに息を入れるという感覚が分かりやすいです。
トイレじゃなくていいので、ちょっと座ってるときとか練習するといいですd(´д`o)ネ♪

さて、谷山までちょっとしかないので合わせ!

●「茶碗蒸し」
比較的できているとの評価でしたが、始終おどけた感じが欲しいというのと、「わっはっは」の部分は本当に笑ってるかのようにすること。
あと、他の曲でも言われておりますが、歌詞をはっきりしゃべるのがとても大切です。
んだもこらけなもんなたいげんどんちゃわんなんだ」のくだりも、アクセントを置く部分に要注意です。
1拍目にアクセントがあるとより面白い感じになります。
他にも休符をしっかり捕まえること(特にBの「パパ」)のリズムに乗った感じが大切だとか。
強弱についても自分で色分けしてきてねー!とのことです(遅いですけどw)
最後の「げねこじゃげねこじゃ」は次第に早くなっていくので皆さんテンポ気をつけて。
そしてfpが最後の「わっはっは」の「は」についているのですが、1小節しか間がないのでメリハリしっかりとつけましょうとのことでした。

●「Name that tune」
どうにかこうにか通せるようにはなっているけどね……というのが総評。
展開を楽しむ曲だからその表現をいかに面白く出していくかが課題です。
リズム、曲調の変化、強弱の差が激しいので皆さん全パートの動きを把握するのが大事になっていきます。
なんたってメドレー曲ですから。
どこでどのパートが主旋律なのかとか把握が大切です。
途中複雑な指示も飛んでいます。「ためらった感じ」など「?」と思わせるようなこともありますが。皆さん把握をお願いします。
YOUTubeで「Name that tune コーラス アカペラ」などの検索をかけると音源が聞けるとか。
皆さん聞いてみてくださいね!
「Name that tune」は難関難関といっておりましたが、合わせ自体の数はそんなにこなしていません。
ですから全体像をつかむのが難しいとも思いますが、これは練習に来ていただくしかないということになります。
まずは音とリズムしっかり取っていきたいですd(´д`o)ネ♪

●「Ave Maria」
上記2曲に重点を置いたためあわせを1度しただけでしたが、「随分良くなってる」とのお言葉をいただいております。
「サンクタマリア~」に入るときに皆さん急いでしまう癖があるので、もうちょっと指揮を見ましょう。
慌てなくていいんだよ、とのことでした。
あとは「アーメン」を綺麗にそろえたいね、とのことでした。

●「北極星」
前回よりはずっといい、とのお言葉をいただきましたが、が、欠けてるパートがあったりもしたので全員揃ったときにどうなるかが見ものです。
とにかく北極星は息がもたない!ってイメージが強いのですが、みなさん対策はどうされてますか?
私も苦しくて悲惨な顔と声をしていると思うのですが…(´・ω・`)
ブレスのタイミングとか難しいですよね。
冒頭と転調前の「lu」の波のような盛り上がり方は出来てきているのかな?と思ったりもしました。
テンポが崩れないようにするのも課題です。
ゆっくりなのが難しい><

●「このみちゆけば」
実にフレッシュな感じで!
気分的にも歌いやすいですね。
最後の「もぐらいそげ」からゆっくりになっていき、「ヨッホやまびこ」のあたりからテンポが戻ってきます。
そこは要注意です。
男性も女性もゆっくりになるところは慎重にそろえていきましょう。
有馬先生がいらしたときにやったことが随分活かされているように思います。
「ヨッホ」とか「ヤッハ」の感じが歌い始めた当初より随分明るくなっていると思いますよ!

さて、全体を通して、私もですが「楽譜にかじりつきすぎ」とのことで。
指揮者さんいらっしゃらない時期も長く続きましたが、指揮者さん目の前で振ってらっしゃるのに楽譜ガン見とかはちょっとどうなの、と私自身も思っています。
歌詞、強弱などの不安が強いのはわかります、私もとても不安です(´・ω・`)
でも、その不安を解消していくには練習しかありません。
個人でどれだけ予習復習できるか、というのが大きくなると思います。
あとは皆であわせてみないとわからないことがたくさんあるということ。
全パート揃うのはいつのことでしょうか…(´・ω・`)

谷山まであと2回!
来週金曜日は自主練習で土曜日に集中練習です。
皆さん、不安要素ばかり抱えたままじゃ谷山はじけられないですよ!
良い形を作り上げて谷山さんに行きたいですd(´д`o)ネ♪

季節の変わり目、体調管理には気をつけてください。
人のことは言えませんが(´・ω・`)

来週土曜日の集中練習が山場です、皆さん心して予習復習してきてくださいね!

その前に、いたいさんの歓迎会があります!
連絡は回っているかと思いますので、皆さん楽しく呑みましょう♪

今年はこれから、谷山、合宿、白青、坂之上……と行事が続きます。
皆さん、心が折れたときは仲間を頼りましょうw
私は毎週金曜日の合唱で解毒魔法いただかないと1週間がんばれません(笑)
毎日ヒットポイントを削って生活しております(´・ω・`)
そんなときに仲間と一緒に歌ったり雑談したりする、課題は多いけど、癒されます。

一緒にがんばって行きましょうね!

それでは、また来週の集中練習でお会いしましょう(´-`)ノシ

鬼のマネージャー はつみ でした。

練習日誌    Comment(1)   TrackBack(0)   Top↑

2010.09.11 Sat
合わせのラッシュ
9/10(金)18:45~21:30 青少年会館4F工芸室

Sop.はつみ、あやの、なみ(早退)
Alt.さゆり、ごん、(のし)
Ten.ばば、かりすけ、いたい、たけひろ、とき
Bas.大将  (敬称略)


3ヶ月ぶりに復帰しました大将です。今日は合わせ三昧でした。


簡単にしか書けませんので、何かありましたらコメントでの補足をお願いします。


●故郷

結成以来ずっと歌っている曲だからでしょうか、さすがに大きな崩れはなかったようです。とはいえ、問題点も多々あります。

1番は「みんなのノスタルジア」だからユニゾン、2番は「それぞれのノスタルジア」だからこそ、パートに分かれる、という話がありました。これは私にとっても新しい見方でした。

あとは「発音はタテに」。とくに「えの段」。潰れがちとのことです。


●線路

「zun」のしゃべり方。楽譜には「ツン」と「ズン」のあいだくらい、と書いてありますが、音符にはスタッカートがついてます。

はねることは大事だけど、だからといって短く切っていい訳ではない。長さとリズムの両方が求められる、とのことです。

この曲に限らないことですが、入りが同じところは同時に聞こえるはずです。それがずれるということはその意識が足りない、ということでしょう。

ばばっちが練習を仕切るようになってかなり一つ一つの音への意識を持つようになりました。今度はそれを実際の演奏に活かすステージに来た、ということですね。


●このみちゆけば

この曲は最初のf、最後のff以外に強弱の指定がありません。なので、fの中で波を作る必要があります。

練習自体は、比較的うまくいった方なので、こういう曲はうちの団に合うのでしょう。

その分指揮者の動きにしっかりと意識を向けましょう。


●北極星

現段階でもっとも危険水域にあるらしいこの曲。「このみちゆけば」とは逆に、強弱などの指示が非常に多いようです。

楽譜を見るとパートからパートへのバトンパスが多い。パスを円滑に進めなければなりません。

楽譜上にある「,」。これは音として、意味として区切る必要があるもの。つなげるのではなく、言い直す必要があります。

前回の練習によって改善が見られたようですが、さらなる改良が必要のようです。


●Ave Maria

一回通しただけでしたが、かなりスムーズに通せるようになったようです。その分私がかなり足を引っ張ってしまったので、次回はこうならないようにがんばります。


●茶碗蒸し

前回の練習の成果がかなり出たようで、当初の予想以上にできていたようです。つなぎの部分の変更などがありましたが、

すぐに対応できたあたり、相当の練習をみんなやっているようです。よいことです。私も見習わなくては。



谷山病院まで、17日(金)、24日(金、自主練)、25日(土、集中練習)、10/1(金)の練習を残すのみとなりました。

9・10(土・日)には合宿、17(日)は白青、と怒濤の日々が続きますが、ここが踏ん張りどころです。ここを超えられれば、

コンサートへの大きな歩みとなるはずです。みんなでここを乗り越えましょう

練習日誌    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

2010.09.10 Fri
9月3日の練習日誌
9月3日(金) 青少年会館 4F 工芸室 18:45~


●参加者
やつ、はつみ、りえ、さゆり、ばばっち、かりすけ、いたい、、大将、かじぶー


●内容
ブレス・発声練習
転調部分の練習


さて今回の練習は、ときが不在のため、ばばっちが主導でみんなが苦手な転調をする部分の部分練習をしました。


まずはいつも通りラジオ体操第一、第二をしてから首の体操、肩、腰、上半身と身体を解しました。


それから、ブレスの練習を行いました。


前回の練習でトイレ発声法(笑)について学習したのですが、そこでそれぞれが掴んだコトを大事にしようと考え、今回はそれぞれがやりたいようにブレスの練習をしてもらいました。


ただ一つだけ注文として、「息を吐くときにお腹を膨らませなくてイイから凹ませないで」を付け加えました。


これはこれで難しかったようで、みんななかなか苦戦していたようでした


その後、発声をしていよいよ転調部分の練習をしました。


今回谷山病院で演奏する曲の中で転調をするのは、線路は続くよどこまでも、北極星の子守歌、茶碗蒸しの歌の3曲なのですが、これがどれもなかなか難しく、転調が成功するかしないかで曲が成功するかしないかが決まると言っても過言ではありません。


なのでみなさんガンバりましょうねってコトですよ


前回までに線路を使って何度か転調の練習はしてきたので、今回はこの3曲の中で転調が難しいけどわかりやすい北極星の子守歌の転調部分を中心に練習をしました。


何度か練習しましたが、転調直前の2小節がどうもスッキリしないので、そこはまた次回以降の練習でしっかりやっていこうというコトでこの日の練習を終わりました。




さぁ谷山病院コンサートまであと約1ヶ月。

残りの練習もあと4回となりました。

残りの時間をどう使うかはそれぞれの自由ですが、10月2日を笑って迎えられるようにみなさんガンバっていきましょうね





以上、記録者ばばっちでした。
 

練習日誌    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

2010.09.03 Fri
発声の秘訣はトイレにあり!?
8月28日(土)@青少年会館音楽視聴覚室 13:00~17:00

◎参加者(敬称略)
やつ、はつみ、りえ、さゆり、ばばっち、かりすけ、たけひろ、とき

正指揮ときがようやく帰鹿致しました!ご迷惑をおかけしました。。お土産に免じて許してください(爆)

みんなにまかせっきりだった反動(反省)から、今回の集中練習は、とき主導で終始行いました☆


◎発声の秘訣はトイレ?
 まずはブレス・発声練習から。ときの大阪で学んできたことを早速実践しました。いつもばばっち主導で行っているブレスですが、それをよりわかりやすく理解・実践するために説明と実践を交えて取り組みました。「なぜ合唱には腹式呼吸がよいのか?」→「楽器である声帯(喉)や胸をリラックスさせつつ呼吸するため」。文章で表現するのは非常に難しいので、今後も継続して実践してゆきますが・・・要点を1つ!
 息を取り入れる(吸う)際、背中(腰近くの下のほう)に空気が入り膨らむように・・・!という練習をしていますが、この体の動きと同じ動きを、我々は無意識に日々行っているんです。それは、「トイレでふんばるとき!」。いや、大真面目ですよ(笑)。椅子に座ってトイレでふんばるように力を入れると、楽に筋肉が動き、それでいて胸はリラックスしています。筋肉の動きを確認したら、それに合わせて息を取り入れてみてください。いつもより楽に、多くの息が入ってきますよ!なんの無理もなく複式呼吸ができたら、とっても素敵ですよね。今後も継続的に実施します。大阪でプロから学んで確認しましたが、今までやってきたブレス法はとてもいい取り組みのようです。それをより効率的に実践するための方法です。鍵はトイレにあり!

◎Ave Maria
 子音の立て方を重点的に、合わせを行いました。母音が音符と重なるように歌うので、子音は実際の音符より前掛りあるいは後ろ掛りになります。もう少しみんなで練習を重ねましょう。全体的には皆さんずいぶん慣れてきましたね!素敵な音楽になってきましたよ。あとは、Amenのくだりから急に音が怪しくなります。再確認していてくださいね。しっかしBassがいないと歌いにくくて仕方ない!頼むぞBass!

◎NAME THAT TUNE
 以前課題だった、拍子の変化にもうまく対応でき、止まらずに最後まで歌えるようになっていました!この夏みんなよく頑張ってくれたんですねぇ(涙)。なので、強弱や細かい歌い方などのアーティキュレーションの練習を行いました。メドレーなので、めまぐるしく変わる曲想をまずしっかり捉えること。そしてそれをひとつひとつ大袈裟に表現できるようになれば、どんどん面白くなっていきます!多くの団員が楽しめつつある一方で、全然ついて来れてない方もいらっしゃいますね。音取り等の時間はとうに終わりましたし、MIDIも配信しています。ご自身の努力無しには舞台には立たせることはできませんよ?遅れているのなら、頑張らないといけませんね。

◎ルパン
 さすがに一番できがいいです(笑)強弱等忘れているところも多いようです。再度確認しておいてくださいませ。

◎茶碗蒸しの歌
 いきなり合わせてみましたが、忘れていたのか「ちんがら(めちゃくちゃ)」でしたね。次回の練習で、再度確認の時間をとります。音から今一度確認を。ある程度合わせられないと話になりませんよ!


 この日誌を書いているのは9月3日。谷山病院まであと1ヶ月なんです。
 9月はかなり必死にならないと、とても間に合いませんよ!
 楽しみに待ってくださる方々がいらっしゃいます。みんなで最高の時間にしましょうよ!
 まだまだ厳しい練習が続きますが、すべては歓喜のために♪きっとできる!大丈夫です。一緒に頑張りましょう☆

記録:ときでした

練習日誌    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑