FC2ブログ
鹿児島県鹿児島市で活動している「混声合唱団こけけ」の活動日誌です。 毎週、練習の様子などを団員がもちまわりで書いていきます。
練習日誌 | 演奏本番 | 番外編 | うたのわプロジェクト2010 | うたのわプロジェクト2012 | うたのわプロジェクト2015 | 
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
混声合唱団こけけ活動日誌
≪2010.07  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  2010.09≫
プロフィール

混声合唱団こけけ

Author:混声合唱団こけけ
毎週の練習や本番の様子、うたのわプロジェクトの活動の様子などを団員がもちまわりでまとめています。

混声合唱団こけけのホームページはこちらからどうぞ。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
「 2010年08月 」 の記事一覧
2010.08.24 Tue
8月20日
場所:青少年会館4F工芸室

Sop.はつみさん、あやの、やつ
Alt.さゆりさん、りえさん
Ten.ばばさん、かりすけさん、いたいさん、たけひろ
Bas.かじぶぅさん、大将さん


たけひろはこの日一度早退して病院に向かうも30分ほどで帰ってきました。ナイスファイト!でもきついときは休んでね!


▼体操・発声
ラジオ体操→ストレッチ→ブレス→発声
ブレスでは全員がばばさんから1対1のガチンコ指導を受けることに。びくびく。
力を入れ過ぎず、かといって抜き過ぎず、程よく脇腹と腰を膨らませる練習。微妙なさじ加減に悶えながら、やっといい塩梅が見つかった!と思ったら、

「じゃあ次はそれに乗せて息を吐いてね^^」

筋肉ばかりに意識が行って肝心の呼吸が放置されていたようでした。あちゃー。
この感覚を掴めばもっといい声出るんだと信じています…。

その後はいつも通り犬の呼吸と声出し。うどんを吸いこむときもそうですが、いちいち開閉して空間を作るのではなく、ホースの空洞の形に口や気道を固定して息の出し入れをすると空気の通り道がより意識できてよいそうです。体の負担も少なそうですね!


※ここから順不同です


▼ルパン三世のテーマ
お久しぶりなこの曲。思ったより悪くなかった(byばばさん)とのことですが、音程、強弱、発音、細かい符号…やはり忘れている部分が多いです。
Bに入るところまでを重点的にやりました。個人的に6小節目の二分音符が間延びしてアルトが入る直前の引き締めの空白が消えてしまっているのが気になります。その他メリハリが楽しい曲なので、センサーをよく張って歌えたらいいなぁ。

▼このみちゆけば
トラ~ララ~ララ~♪
みんなのうたにありそうだ、といつも思いますこの曲。
一度通して、21~25小節目の男声・女声それぞれのチームワークを指摘されました。また歌詞の単語がメロディーと異なり「『ひ』よこ『は』しれ『た』まご『こ』ろべ」であること、前に前にというエネルギーはよいが発音をおろそかにしないことなど、課題は多いです。

▼北極星の子守唄
いきなりソプラノが音を外しました…ごめんなさい……!
まず音をしっかり取ることが大事かと思います。他がおしていたのであまり時間をかけませんでした。

▼Ave Maria
結構がっつりやりました。20小節目の拍子が変わるところはもちろんですが、それ以外も難しいリズムですね。MIDIいっぱい聴いてきます。
余計な音のない、きれいなポリフォニー。教会で歌いたいですね。

▼Name that tune
36小節目、テンポが変わるところからやりました。
先日ときさんが日誌に書かれていた通り、75小節からの変動が鍵ですね。何度もばばさんが説明して下さったのですが…うーん、体で覚えるしかないなぁ…。
その後のラストスパートは120~121小節目の発音ですね!ボムブドゥロムブドゥロムポムポムブドゥ……。そういえばラスト直前のホイッスルはどうするのでしょう?


今回も結構駆け足で本番に使う曲を合わせました。調や拍子が変わる難しい曲が多いけれど、お客様に喜んでいただけるよう、またこちらも楽しく歌えるように楽譜の確認と音取りはしっかりやってこようと思います。
もうメーリスで回っているとは思いますが、いたいさんがMIDIをMP3に変換してくださるそうです。ありがとうございます!


来週からときさんがこちらに戻られるんですよね!
長らくお疲れさまでした。ゆっくり休んで、今度はこけけを存分に可愛がってやってください\(^O^)/



担当:やつ
スポンサーサイト



練習日誌    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

2010.08.15 Sun
7月30日の練習日誌~アップが非常に遅くなり、申し訳ありません~
場所:青少年会館4F工芸室


Sop.はつみさん、あやの
Alt.さゆりさん、りえさん
Ten.ばばさん、かりすけさん、いたいさん
Bas.かじぶぅさん


○練習前○

「りえさん、そろそろお誕生日ですね!」

「そうだよー、でもその前にSOGIEさんの誕生日があるんじゃなかったっけー。」

「あ、じゃあ大阪でお誕生日を迎えられるんですかね。一人で。」


あー(´・ω・)(・ω・
`)アー


おめでとうございますー(´・ω・)(・ω・`)おめでとうございますー



○体操・発声○

最初、女声数名しかいなかったので、適当な曲を歌ったり忙しい人のためのラジオ体操第二をしたり体をほぐしたりしてから、めいめいブレスをしました。

犬の呼吸(ハアハアするやつ)は座った方がやりやすいらしいです。


馬場さんがいらっしゃってから、音取りをしました。『茶碗蒸しの歌』と『線路は続くよどこまでも』の2つです。



◆茶碗蒸しの歌◆

大分支部のキムさんの編曲です。できたてほやほやの大作です。

物語があって、盛り上がって、とっても楽しい曲だと思いました!ちゃんと歌えたら!


男女別れて音取りをした後、Hに入る前(短調になる前)まで、合わせました。曲が止まらなかった、良かった。との言葉をいただきました。
今は音を追うのに精一杯な感じです。


◆線路は続くよどこまでも◆


茶碗蒸しの音取りがおして、こちらはわりかしサッと通っただけでした。

線路は続くよどこまでもの49小節目、転調へ向かう小節間の和音の練習の際馬場さんが仰ったのですが、自分のパートが第5音を歌っているか、第3音を歌っているか、主音を歌っているかで役割が違うのだそうです。

主音を歌っているパートは目立たないといけない、3音のパートはでしゃばりすぎては駄目……など。あの、第5音はメモしてなかったですすみません。




今回は音取りでばたばた終わった気がしました。どちらの曲も転調があり、そこが上手くいくようになるまで大変なのだろうと思います。


本番まで、あと8回しか練習がないです。頑張っていきたいです。



書いた人:あやの

練習日誌    Comment(1)   TrackBack(0)   Top↑