FC2ブログ
鹿児島県鹿児島市で活動している「混声合唱団こけけ」の活動日誌です。 毎週、練習の様子などを団員がもちまわりで書いていきます。
練習日誌 | 演奏本番 | 番外編 | うたのわプロジェクト2010 | うたのわプロジェクト2012 | うたのわプロジェクト2015 | 
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
混声合唱団こけけ活動日誌
≪2008.12  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  2009.02≫
プロフィール

混声合唱団こけけ

Author:混声合唱団こけけ
毎週の練習や本番の様子、うたのわプロジェクトの活動の様子などを団員がもちまわりでまとめています。

混声合唱団こけけのホームページはこちらからどうぞ。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
「 2009年01月 」 の記事一覧
2009.01.24 Sat
音取りから始まる
1月23日(土)
@グループ活動室

●参加者●
とき兄,わとこ,やっちゃん,りえ,しおり,大将,きょーさん,きむ

●練習曲目●
『ここから始まる』
『九月のうた』
『駆けよ 青春』
『ロマンチストの豚』


 今日は準備体操云々もせず,初っ端から『ここはじ』の練習から開始しました。この曲は結婚式のシチュエーションで歌われる歌らしいです。僕個人的な見解だと…曲の所々でアーメン終止(テノールの動きとか特に!)で結ばれているあたりが,いかにも教会風な雰囲気を醸し出してますね。和音の構成では木下牧子さんの『鴎』によく似ていて,言葉を男女交互に和音で反復していますね。この構成大好きです(笑)全体的には基本的な音度の和音が使われているから,単音で練習していると逆に和音の把握が難しいので他のパートを聴きながら練習すると効果的かなーと思いました♪♪
 それにしてもこの曲の主題旋律の冒頭,『千の風になって』に聞こえてしまうのは僕だけでしょうか?(笑)



 『駆けよ 青春』…極めて若々しい曲ですね(笑)歌詞が若くて素直すぎるから,最初歌ってて何か気恥ずかしい感じがしましたー。
(゜o゜)\(-_-)
西先生作詞の歌…元気よく歌っていきたいっすね!


 『九月のうた』マジ久しぶりに歌いましたね。しかも僕はテノールパートは初めて歌いました。真っさらな気持ちでまた音楽を構築していく作業っていうのは楽しいですよね☆


 それにしても一日にして結婚式の歌と追悼式(?)の歌を一気に練習するのは濃い内容でしたね。
『ここはじ』の音取りが終わる頃にはグッタリ……




 今までの曲もボチボチ思い出していかないと痛感した一日でした(*´∀`)




P.S

りえさん,わざわざガストで身内ネタを発表してくれてありがとうねん(笑)


スポンサーサイト



練習日誌    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

2009.01.16 Fri
遅くなりましたが。
1月16日(金)
18:45~@グループ活動室

●出席者
なみさん、やっちゃん、のし、とき、大将

●内容
「九月のうた」
「駆けよ 青春」
音取りラッシュ!



遅くなりましたが活動報告。
この日は鹿大ポリ定演の前日ということもあり、こじんまりと音取り。

久しぶりになみさん、のっしゃんが来てくれました♪元気そうで何より(^-^)


ゆっくり音取りをし、最後に軽く合わせを。

駆けよ青春については、「大人として」いかにうたうかが鍵。中学生向けの作品をどう表現するか、腕の見せ所。


九月のうたは、かつてときがポリ時代に指揮した、ときのテーマソング。当時うたった仲間も何人もいます。
約2年ぶりに奏でてみて、この曲の持つ悲しいエネルギーを改めて体感しました。名曲、そして大曲です。

これまでのこけけにはない、悲しい曲。解釈を含め、気を引き締めて向き合いましょう(>_<)



余談ですが。
翌日の鹿大ポリの定演、素晴らしかったですよ(^-^)
舞台に見る仲間の素敵な姿は、なんだかとても嬉しい気持ちになりますね!

キム、わとこ、りえ、なかむぅ、しおり、本当にお疲れさま\(^O^)/
素晴らしいうたをありがとう!


以上後れ馳せながら、ときでした。

練習日誌    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

2009.01.10 Sat
今年最初の練習は……?
1月9日(金)18:30~ 青少年会館1階グループ活動室


●出席者
とき、はつみ(早退)、大将(遅刻)  (敬称略)

●内容
『駆けよ青春』の音取り、解釈、コンサートへの準備


HAPPY New Year!


というわけで、新年最初の練習日記は大将がお送りします。



私が到着したのは20:30頃。入ってみるととき一人。この日はいろいろと都合が重なってたようで、はつみさんも早退されたということだったので、二人でやることとなりました。

「九月のうた」は私は以前やったことがあるので、もう一つの「駆けよ青春」の音取りをしました。

この曲、ソプラノとテノール、アルトとベースで同じ動きをします。「極端に言えば二部合唱」ですね。

この曲はときと縁がある西世紀先生が作詞された曲です。コンサートも見に来てくれるとのこと。楽しみですね。



この曲は1番が「夢を語る二人」、2番が「二人が肩を組んで夢に向かっていこうとする姿」というふうだと言っていました。

もともとは中学生向けの合唱として作られたものですが、大人が忘れかけている何かを呼び覚ます曲でもあると思います。

「大人にしか伝えられないこと」をこけけではやっていきたいですね。



コンサートに向けて本格始動しました。「こけけだからできること」を本番で見せられるようがんばっていきましょう!

練習日誌    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑