FC2ブログ
鹿児島県鹿児島市で活動している「混声合唱団こけけ」の活動日誌です。 毎週、練習の様子などを団員がもちまわりで書いていきます。
練習日誌 | 演奏本番 | 番外編 | うたのわプロジェクト2010 | うたのわプロジェクト2012 | うたのわプロジェクト2015 | 
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
混声合唱団こけけ活動日誌
≪2018.10  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  2018.12≫
プロフィール

混声合唱団こけけ

Author:混声合唱団こけけ
毎週の練習や本番の様子、うたのわプロジェクトの活動の様子などを団員がもちまわりでまとめています。

混声合唱団こけけのホームページはこちらからどうぞ。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
2018.11.03 Sat
活動日誌1102
日時:2018年11月2日(金)19:00~21:30
場所:工芸室

出席者:るみちゃん、あゆみちゃん、みさきちゃん、エクソン、おれ

内容:「線路は続くよどこまでも」合わせ、「A列車」わちゃわちゃ

・A列車について
参考音源は半音低いので注意。
ベースは楽譜とがっつり違うので注意。MIDI求ム。

・線路
zun zun … 1音1音ぶれないように注意。一定したポジションで歌えるよう反復あるのみ。

33小節目&58小節目 … ハーモニーが揃いづらいです。抜き出したり、ゆっくり歌えばちゃんとそろったので、120のテンポでもそのクオリティが出せるようこれも反復。

42小節目 … ランランは明るく楽しく軽快にお願いします。その後転調が待っているので体力温存も可。でも明るく。

50小節目 … 転調自体はバッチリきまります。その後51小節目以降に音が上ずりすぎるので耳使って注意してください。


前半はほとんどベースの特練でしたm(__)m
付き合ってくれたソプラノさん、ありがとうございました。

アンコンの申込締切が11月9日なので早めに提出しないとですねー。

「線路は続くよどこまでも」の音取り&合わせは一旦終了して、次週からは「A列車で行こう」の音取りに移りたいです。
エクソンが歌詞と和訳を書いたので確認の程よろしくお願いします。
発音についてはみんな揃ったときにやりたいので、多くの出席をお願いします。
どうしても来れない人は同じパートの人に聞くこと!
まずはla唱で音取りしていきましょう。

お疲れさまでした。
以上!
スポンサーサイト

練習日誌    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

2018.10.31 Wed
ACTIVITY NOTES 2018/10/27
こんばんは。焼酎の新酒がおいしい季節になりましたね。
でも違いなんて分からない相変わらずの下戸のえくそんです。
本番を終え、新しいフェーズへと入りましたね。

時:10月27日(土)1800-2130
於:青少年会館グループ活動室

MEMBER:
Sop.→るみ氏、あゆみ氏、あやか氏
Alt.→さつき氏、わたし
Ten.→ばば氏、わたし
Bass→ありむら氏

わたしが二人いるぞって?お察しください。

この日の前半は何となく座学となりました。
というのも、「A列車で行こう」の歌詞が英語ということで、上手に発音できない人、歌詞の意味を理解しにくい人が多いのではないかという問題があるのです。
ということでまずは、冒頭の原詩の部分をゆっくり発音し、意訳して理解していきました。
全体の詩の発音や訳は後述します。
しっかり目を通しておいてください。


後半には「線路は続くよどこまでも」の音取りを行いました。
同じ旋律の繰り返しとはいえ調がどんどん変化していきます。
加えて休憩地帯がないのでそれなりの体力を要します。
音の進行の仕方だけでなく呼吸法にも意識を持っていけるようにしましょう。

転調部分が不安定ではありますがなんとか通ることができました。
来れなかった方は自主練で追いついてくださいね。


それでは、「A列車で行こう」の訳、発音のポイントについて触れていきます:

You must take the "A" train to go the sugar hill way up in Harlem
HarlemのSugar Hill行きのA列車で行こう

If you miss the "A" train
もしA列車を逃してしまえば

You'll find you've missed the quickest way to Harlem
それはHarlemへのいちばんの早道を逃すということさ

Hurry, get on now it's coming
急げ、乗ろうぜ、列車が来るぞ

Listen to those rails a humming
レールの軋む音を聞きなよ

All aboard get on the "A" train
さあ出発だ、A列車に乗り込もう

Soon you will be on sugar Hill in Harlem!
HarlemのSugar Hillはもうすぐさ!


You'll take your baby to Harlem
あの娘もHarlemへ連れてこう

You're bound to find a hall
ホールを見つけなきゃ

Up on Sugar Hill Where every one's having a solid ball
誰もが素敵なひと時をすごしているSugar Hillへ

oh you board that "A" train
さああのA列車に乗ろう

And then you ride 'till you dig this number one forty-five street Where all the cats meet
あいつ等が出会う1-45番街を探し当てるまで乗っていればいい

Poison on the stroll pops, they're really in there
酒を開ける音がすれば奴らは絶対そこにいるんだ

That's the rip that the bands all play
バンドの鳴らす音が聞こえるぜ

It's groovy the hepcats say
ジャズ好きの言うイカしたやつだ

Then you know that you're in Harlem
分かるだろう、君はもうHarlemにいるんだ

You got to get off that "A" train
A列車を降りれば

And you will have a ball
君も最高の時を味わえるさ

Yeah, if you're lookin' for rhythm
さあ、リズムを感じたら

You'll find it on Sugar Hill
ここがSugar Hillだってわかるだろう


Hurry, get on now it's coming
急げ、乗ろうぜ、列車が来るぞ

Listen to those rails a humming
レールの軋む音を聞きなよ

All aboard get on the "A" train
さあ出発だ、A列車に乗り込もう

You'll find you've missed the quickest way to Harlem
Harlemへのいちばんの早道を逃しちゃうぜ

You must take the "A" train to go the sugar hill way up in Harlem
HarlemのSugar Hill行きのA列車で行こう

You'll make it on time
まだ間に合うはずさ!


発音のポイント:
"the" 子音は【z】と【d】の中間。以降"th"で始まる単語はこれで発音。難しければ【d】でも可。A train の前の"the"は「ジ」あるいは「ディ」と発音するので注意。
"get on" リエゾン。「ゲロン」でも可。
"having a" リエゾン。「ハヴィンナ」でも可。
"then you" リエゾン。「ゼンニュー」或いは「デンニュー」でも可。
"really" 速いのでここは「リリィ」が無難。


やっと書き終わった。長ぇよ。
日本語は単語の意味を調べた後に僕が完全に雰囲気で訳したので異論は認めます。

今後必要に応じて発音の練習をしていくことになりそうです。
でも何はともあれまずは音源を聞くことです。
曲の雰囲気を体に染み込ませられれば上達しやすいかもです。
それでは各人、課題となる点があるはずなので、まずは一歩ずつ進んでいきましょう。

温かくして寝てくださいね。えくそんでした。

練習日誌    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

2018.10.20 Sat
10月19日活動日誌
先週の音とあかりの散歩道、お疲れ様でした〜!
綺麗にライトアップされた会場で沢山の方に演奏を聴いてもらえる素敵な機会でした(´˘`*)
---------------------------------------------------------
2018年10月19日 19:00〜21:30@工芸室
○るみさん、あやかちゃん、みさきさん、
えくそんさん、ありむらさん、あゆみ
○練習曲:線路は続くよどこまでも

今後の予定の確認と『線路は続くよどこまでも』の音取りをしました!

〜今後のこけけ〜
12月23日(日)♪アンコン
1月20日(日)♪サンエールフェス

〜来週の練習〜
26日(金)
♪『線路は続くよどこまでも』と
『A列車でいこう』の音取り
27日(土)
♪『A列車でいこう』の音取り
『線路は続くよどこまでも』の合わせ

また次の目標に向かって頑張っていきましょう!

あゆみ

練習日誌    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

2018.10.13 Sat
ACTIVITY NOTE 18/10/12
こんばんは。活動日誌には何年ぶりかの登場です。えくそんです。ここ最近突然冷えてきましたね。体調管理に気をつけましょう。

さて、本番を前日に控えた今日の練習です。

時:10月12日(金)1900〜2130
於:青少年会館

メンバー
Sop. るみ氏、ゆん氏、あやか氏
Alt. みさき氏、さつき氏
Ten. りょうた氏、ばば氏
Bas. わたし
Con. そき氏

前半はソプラノさんと僕しかいなかったので、合唱曲のソプラノ集中練習でした。

青空
「とても 当たり前に 美しい」クレッシェンドはよくできていますが、フレーズに勢いを乗せてほしいとのこと。決して助詞をおざなりにすることなく、ピークの「音楽を」にむけて推進力を持たせることを意識してみてください。
「そっと目を 閉じると」pですがしっかりとお腹を使うこと。S子音を柔らかく発音して入るには必須です。
「とても普通で 美しい」ソプラノさんは特に上昇音階なのでクレッシェンドはつけやすいですが、勢いだけでなく歓びを込められるとよりよく聞こえます。
19小節目……それまでのpoco fとそれからのmpの違いを明確に。気持ち一度落ち着かせてみてください。クレッシェンドが活きるはずです。
「私は 静かに」最も難しい場所ではありますが、単語の途中でブレスは極力避けましょう。また、減衰する所で体を脱力させる傾向があるようです。上述しましたが、弱いところほど体を使っていきましょう。

それじゃ
「また会おう」何度も出てくるフレーズです。A母音は口を横に開きすぎず、頬筋に力を入れないで口を縦にしてください。合唱曲の場合はこちらの方が良いです。O母音は口の空間を維持したまま出口をすぼめるのではなく、空間も出口のサイズに合わせて狭くしてください。それで自然なO母音になるはずです。唇を若干前に突き出すのを意識してみると良いかも。
さらに、ほぼ全ての「また会おう」において、「会」よりも「お」のほうが音が高いと思います。これは日本語のイントネーションに合わせたものですが、やはり単語の頭はしっかり聞こえてほしいので、「会」をはっきり言い、次の高い「お」を言う準備を心の中でするようにしましょう。
52〜57小節……下3声の「また」「会おう」の掛け合いは、自分の歌詞がどこのパートから引き継がれ、次にどこのパートに繋がるのかまで意識してください。全体の流れを把握することで自分のタイミングもつかみやすくなりますよ。そしてだんだんタイミングが揃ってきてリテヌートまで全員で持っていきましょう。
その後のa tempoは実際は少し早めに振るそうです。気をつけて。テノールが推進力になります。

灰かぐら音頭
「嗚呼 桜島」全員揃うところです。揃って落ち着きましょう。mpです。
3番は実際の振付込みでやりました。分からない人は本番前に確認してくださいね。さっちゃんはベースを困らせるくらいにもっと遊んでもいいのかなと個人的には思いました。でもすごく上手くなったと思います。
4番に入る前の転調後の「Wa」は1拍で合図が出るので見逃さないでください。
ラスト2小節のベースの最後の2音はしっかり指揮の手を見ること。

「茶わん虫の唄」
灰かぐらもそうですが、民謡はA母音が横に開いても構いません。よりそれっぽく聞こえるので。
こちらの「Wa」の伸ばしもタイミングは指揮者が作るそうなので、視界に入れておきましょう。


以上が練習の内容です。これを見る頃にはもう当日になっちゃってますね。家を出る前にちょっと確認しておいてください。
個人的にはこけけ復帰後初のステージとなるので楽しみにしています。何故かパートが違うけどね!!
また本番の時間帯は大変寒くなることが予想されます。野外での放射冷却にやられて風邪をひくことがないよう、防寒対策をしておくことをオススメします。

ちなみに今日は懐かしいあの人が冒頭の30分だけいました!ヒントはこちら:
20181013014738406.jpeg


それでは明日元気で会いましょう!えくそんでした。

練習日誌    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

2018.10.06 Sat
10月6日 指揮者練習
日時:10月5日(金)
場所:青少年会館 工芸室
〇メンバー
るみさん、あゆみさん、あやかちゃん、さつきさん、みさき、有村さん、エクソンさん、馬場さん

先週に引き続き、今回も曽木さんにご指導頂きました!

〇青空
・歌詞を意識して流れるように歌う(楽譜をそのまま追っかけて歌ってるように聞こえる…)
・B「そっと目を閉じると」フワッとしたpでなく、芯のある真っ直ぐしたp
・C「そよそよ」固くなっている もっとかろやかに歌う(ブレスも歌うイメージに合わせたブレスを心掛ける)
・25、26「しずかに」強弱付けすぎ!もっと軽くで良い 思いきりだとわざとらしい、また最後まで息が続かない

〇それじゃ
・前奏「lu」から「la」への変化、開放感を感じる(ただしlaで口を横に開けすぎない)
・「キャンドル」の「ン」をしっかり入れる
・57~67全パートの歌詞が揃う所=歌の大事な部分、伝えたい部分
・66、67menomossoアルトが動く所、アクセントのつもりで
・Cの終わりf→Dの始めpの差を出す
・最後の「それじゃまた」キレ良く「た」は特に短く

〇灰かぐら音頭
・さっちゃんソロ!(イメージは水谷千重子)

とうとう、残り1週間です!
通常練に加え、自主練日も設けているそうです。
ラストスパート、皆さん頑張りましょう!!

みさき

練習日誌    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑